【アスベル 密閉米びつ6kg】お手頃!800円以下の格安米びつ 密閉構造でお米の鮮度を保つ仕組みがスゴかった

こんにちわ。管理人のはちく(@hachiku_89)です。

一人暮らしを始めて、かなり経つのですが未だに持っていないアイテムがありました。

それは「米びつ」

米袋から1合カップを使って取り出したりしていたのですが、コメがポロポロと周りに落ちてしまいます。
あと味気もなんか無いんですよねー。

今回、米びつを買ってしまったので、しっかりレビューいたします!

スポンサーリンク

アスベル 密閉米びつ6kg

米びつ、到着ー!

6kgサイズということで大きさを心配してましたが、実際に届くとそれほど大きくなかったです。

Komebitsu1

5Kgを表しているのでしょうか?
「5」までの目盛りがついてます。 Komebitsu2

密閉パッキン

フタを取ってみると、本体のフチには厚みのある青色のゴムパッキンがぐるっと一周回ってます。

コレのおかげで、容器内部の密閉性が確保されるわけです。

Komebitsu7

パッキンは、分厚いチューブ状になっています。
取り外しが出来るようですので、取り外して洗うことも可能。 Komebitsu6

フタが開く!

この米びつ、タダの密閉容器と違います。

フタを全部外さなくても、中身のコメを取り出せるのです。

便器のフタのような開口部を設けてあり、開閉する仕組みです。
(例えが、悪くてすいません。)

Komebitsu8

こちらが、ヒンジ部

屈曲性を持たせるためヒンジ部は、薄いプラスチックになっています。
長期利用時の劣化や強度が保てるかが懸念されます。

安い商品なので、ダメになったら買い換えてくださいって事かね。Komebitsu5

付属品 計量コップ

米びつの付属品として、計量コップがついてきました。

「無洗米」と「普通のお米」で2種類の目盛りがついてます。

私は、無洗米をよく利用しているので、こういう目盛りがついているのはありがたい。 Komebitsu4

フタの手前にある、ロック機構です。

密閉するには、しっかりとフタをロックできます。
Komebitsu9

コメを入れる

米びつ購入に合わせて、新しいお米も用意しました。

「佐賀ひのひかりの無洗米」です。

コメを入れる作業もフタが全部取れるので、米袋からそのまま入れやすい!

Komebitsu10

5kgのコメを入れ終えた図

割と、コメがなみなみと入ってます。
でも、最大量は6kgです。

恐らくコメが1kgぐらい残った状態でも、5kgのコメを追加投入できるように、「6kg」で計算されてるんでしょうね。

Komebitsu11

横から見た図

米びつの奥には、傾斜がついてます。

コメが残り少なくなっても、奥の方に残らず手前に集まるように工夫されています。

Komebitsu12

5kg入れると、ちょうど(5)の目盛りに合っています。

Komebitsu15

計量コップには、赤色がついているので、半透明のフタ越しからも識別可能です。

Komebitsu16

管理人はちく(@hachiku_89)のまとめ

Komebitsu17

「米びつ」は、流しの下。
冷暗所の定位置に置くことにしました。

ここなら、高さがあるのでフタを開けてもぶつかりませんし、温度が保存に最適。

どんな収納でも、使い始めると気持ちが良くなるものです。
これ自体、高い商品では無いですし、早めに買ったほうが良かったと思いましたね。

収納用具は、早めに揃えるに限ります。

こっちは、同じメーカーで冷蔵庫に収納できる2kgの米びつ
Amazonベストセラー商品らしいです。