シヤチハタ 慶弔おなまえスタンプ を買ってみた

おめでたいことに、いとこから結婚式の案内状が届きました。

案内状の返信には、出席に丸をつけ参列させてもらうことに。

でも、一つだけ気が重いことが・・・。

『ご祝儀袋の自分の名前が上手く書けない』

毎回、結婚式参加の前夜は、ご祝儀袋の名前が上手く書けずに悪戦苦闘していることを思い出しました。

どうにか、Hackしたい! 

ということで、こんな商品を見つけてきました。

シャチハタ 慶弔おなまえスタンプ

s-DSC05898

購入するとこのような形で売っています。

パッケージを分解すると、説明書とスタンプ本体とスタンプ台2種(墨と薄墨)で構成されていました。

DSC05899i

説明書の中にはスタンプ申し込み用の切り取り式ハガキが入っています。
この商品は本体購入後、スタンプ部分をオーダーメイドする仕組みなのです。

注文は同梱ハガキのほかに、シャチハタのホームページからもオーダーできるので、ネットが使えるならホームページからサクッと申し込みましょう。

ということで、この商品は

「慶弔事の直前に買っても、スタンプが無いので役に立たない!」

ご利用は計画的にというか、新社会人の必須アイテムとして1年目早々に作っておくのが一番良いでしょうね。

人生生きていれば、必ずそういう場に接して、利用することになるのですから安い先行投資です。

 

注文したスタンプが届いた

ネットから注文して、3週間ほどかかったと思います。のんびりと構えておきましょう。

DSC05896i

中身はこんな

簡単な説明書、スタンプ本体、名前が印字されたテプラ の3つです。

DSC05902i

説明書通り、それぞれを貼り付けてみました。

DSC05904i

試し押しの感想

インク離れが良いことに驚きです。一度押すとスタンプの部分にはインクがほとんど残っていません。使用後にティッシュで拭き取るのが楽で使いやすいです。

ずばり、おすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク