【WordPress テーマ】MAGを7日で破棄!SANGOに変えて幸せになったぞ

こんにちわ。管理人のはちく(@hachiku_89)です。

先日、当ブログのテーマを改修した件を投稿しました。

やっぱり気になるのは、ブログ運営がしっかりプラスに繋がるのか?
いろんな指標を観察し、数日経って指標の値が落ち着いてきたのですが、

このままじゃ、終わる!

直感ですが、テーマ変更がプラスにはなってない事は明白。

今回は、「破竹の勢い」が新テーマSANGOに変えた件を書いてみますね。

 

MAGの何がダメだったのか。

これが、「破竹の勢い」のMAG時代(享年7日間)の遺影です。
きっと見たことない人も多いことでしょう。

Mag hachiku

 

1.LDページの宣伝文句への期待が高すぎた

追尾型広告、ランダム広告、広告のショートコード化など様々な広告管理機能を搭載

追尾型は、他のテーマでも出来る物がある。
simplicityでも実装されとります。

広告のショートコード化は、出来るのは「1個」のみ。
いや、それって意味ないでしょう。

ランダム広告もあるけど、使うのはGoogle AdSenseがメインなので、ランダムって必要無い。

Mag sango2

 

マーケティング効果を発揮する高機能かつ実用性の高いスマホ専用フッターバー

当ブログは、7,8割がスマホからのアクセスなので、スマホでのUI向上は重視したいところ。
MAGには「スマホ専用フッターバー」が搭載されてるじゃないですか。

ところが、使ってみたところ、ダメすぎました。

アイコンが6種類しか用意されていなく、ほかの機能を当てようとしても適切なアイコンがありません。自分でアイコンの追加することも出来ず。

アイコンとラベル(名前)が異なるものを生成しても、見栄えの品質が落ちるだけ。
これでは使うのを断念せざる得ませんでした。

Mag sango1

 

2.テーマの自由度が予想以上に低かった。

自由度を求めるなら、style.cssやfunctions.phpをイジっていけば良いわけですが、ハードルが高い。
MAGが子テーマを作りにくい仕様だったため、親テーマを直接イジることになり何かあったら怖いです。

また、デザインの変更を加えたつもりが、サイトに反映されていないこともしばしば。 
コードを読んで、どの「宣言」が優先されてるかを探すのが一苦労。

例えば、「ヨメレバ」のボタンcssがしっかり表示されるまで大変苦労しました。

 

3.結論、MAGはブログ向けじゃ無い

MAGを使い込んで理解したことは、

「ワンテーマのアフィリエイトサイト」 

をブログっぽくアレンジした物ということ。

ひとつのテーマ(商材)を写真重視のページで説明して、「クリック」や「問い合わせ」につなげるという思惑が見えてきました。

なにせ、フッターバーのメニューには「メール」や「電話」アイコンが標準装備であることから、商業用テーマというのが伺えます。
ブログ向けテーマなら、メールや電話での問い合わせはそれほど重視する物では無いです。

 

新テーマ「SANGO」の良いところ

前段の「MAG」での問題点が明らかになるにつれて、使い続けていくことが苦痛に。

テーマを「どげんかせんといかん」

 

テーマ再変更すると決め、いろいろ調べると有料テーマとして評判の高い「STORK」か「SANGO」の二択に絞られました。
私としては、cssの書き方で役立つページを運営してる「サルワカ」さんが作った「SANGO」を採用することにしました。

1.設定が楽

インストールから細かい変更まで、「SANGOカスタマイズガイド」を見ながら行えば簡単に完成形まで仕上げることができます。

ガイドを見ながら各ステップが丁寧な説明が豊富で、迷うことが無かった。
気が重たかったテーマ移行がサクサク進めますよ。

また、デザインを変更するときもガイドの中で網羅されているので、解説を見ながら変更すると思った通りのデザインが仕上がります。

 

2.広告や回遊性が良くなる工夫がある

SANGOは、広告の配置位置を細かく選べるし、関連記事やフッターメニューの仕様も良くて、検索エンジンから初めて来た閲覧者をブログ内の次のページへ誘導する仕組みが出来てます。

実際、SANGOに変更してから、「カテゴリー」のページへのアクセスが増えてました。
つまり、読者は興味のあるカテゴリーから、ほかの記事を読んでもらえるのです。

Mag sango3

 

3.表示が軽い

事前調査から言われてたメリットだったのですが、実際に導入したところ体感できるレベルで表示速度が上がりました。

「Google PageSpeed Insights」

このテスト、破竹の勢いsimplicity時代は数値を上げるのが難しかったのですが、テーマ変更で一発向上です!

 

管理人はちく(@hachiku_89)のまとめ

SANGOの良さをまだまだ書き切れてませんが、さっと思いつくポイントをあげてみました。

最初に買ったMAGの購入費1万円が非常にもったいなかった。
私のお財布事情では、痛恨の極み。

しかし、今となってはSANGOに変えてよかったと思います。

SANGOにして、テーマのあれこれを悩まなくすむようになったことが、一番のメリット。
サイトの不満点を修正をしたいという心配が無くなり、記事作成に専念できようになったことが自分の中で大きいですね。

有料テーマ選びで迷っている方には、私が身をもって体験し自信を持ってオススメしたいという「SANGO」でした。