無料通話アプリ選びの〔基本戦略〕

ちかごろ、LINE電話・楽天でんわ・・・etc 無料通話アプリの話題で盛り上がっていますね。

結局、どのアプリを使えば、お得になんだろうとわからなくなってしまっていませんか?

ワタシは一つの基本戦略を提案したいと思います。
一点を重視して通話アプリを選べば、今後新しい情報が出てきても、迷うことはありません。

その項目とは、ずばり
「 固定電話への通話料 」
です!

「いやいや携帯電話に掛けることもあるし・・・」とひっかかるところがある方もいるでしょうが、携帯向けの通話料の比較は無視です。

なぜなら携帯間通話では、以下の方法で無料にすることができるからです。

  • 同じキャリアであれば、通話代無料 (時間帯制限あり/KDDI、SB)
  • 同じiPhoneであれば、通話代無料 (facetime Audioを使って)
  • 同じ通話アプリを導入して、通話代無料 (シェアNo.1のLineを使うのが現実的)

携帯で話す相手がアナタと親しい間柄であれば、上のどれかをやってくれるのでは無いでしょうか。

それ以外の不特定携帯電話に一ヶ月に何分話す機会があるのでしょうか?
数十円のソントクのために、あれこれ調べ回るのは時間の無駄です。
割り切って良いラインだと思います。

【まとめ】
無料にする方法の無い「固定電話への通話料」を徹底的に注目して通話アプリを賢く選びましょう。

 


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク