京都 つけめん 恵那く(えなく)

京都のラーメン激戦区、一乗寺に構える「つけめん 恵那く」さんです。

s-IMG_2971

注文は食券式で「得製つけめん」(980円)を購入して、空いた席に座ります。
ランチタイムにもかかわらず待ち時間なしで席に座ることができました。
さっそく食券を渡して出来上がりを待ちます。

店内を見渡すと明るく清潔感があり、居心地がよかったですね。
カウンター席しかありませんが、幅広のカウンターで圧迫感はありません。

得製つけめん 到着

付け汁のチャーシューとメンマが増量、味玉が半玉ついていることから、得製ということらしいです。

s-IMG_2972
麺は、ふすまと思われるつぶつぶが練り込まれた全粒粉です。
ただし、期待したほどの強い小麦の風味が感じられず、少々ガッカリです。
「ひやもり」で、麺ののどごしはツルッと気持ちよかったのですが、締まりすぎているのか食感がちょっとカタめ。
コシとのアンバランスが起きてるように感じました。

s-IMG_2973
つけ汁は、濃厚系の王道を押さえています。
「得製」仕様の増量された具がうれしいですね。
増量のチャーシューは肉肉しい方向で仕上げてあり、トロトロやわやわが大好きなワタシにはちょっと残念な気持ちになりました。

最後に店員さんおすすめのスープ割りを頼んでみたところ、黒こしょうを載せて割ってくれました。

    この黒こしょう入りスープ割りは、絶品です。
黒こしょうの香りがバツグンで、スープの濃厚さをシメにさっぱりさせてくれます。

味の緩急の付け方に感動を覚えて店を出ることができました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク