Amazonのダンボールを駆逐するために、「充電式ハサミ RES-3.6V」を導入

Amazonプライム会員ということもあり、送料無料の罠でついつい「ポチッ」と買い物をしてしまいます。こうやって通販で購入すると必ず増えていくのが、ダンボール箱です。

ダンボールは自治体の資源ごみとして、回収に回すようにして案内があったりするのですが、今までの経験から収集日に出しそびれて、家の中がいつの間にかゴミ増えてしまうことがよくありました。

こんなことからダンボールは、回収に出すことは諦めて、ゴミ袋に入るように切り刻んで捨ててしまうことに方針を変えました。

でも、手でダンボールを切るのはしんどい・・・。
ダンボールを切り刻むため、電動ハサミを購入しました。

充電式ハサミ RES-3.6V

これをAmazonで見つけてきました。(またダンボールが増える・・・)

刃が2種類入っており、切る素材によって刃の部分をまるごと取り替えるようです。
IMG 4335
パッケージ裏に、切る対象の説明してあります。
目的のダンボールは、厚さ5mmまでだったら、ソフト・ハードどちらでも切れるようです。
念のため、ハードの刃を取り付けて使うことにしました。

IMG 4336

ソフトとハードの刃の見分けがつかず、この時ばかりは説明書を見ることに。

IMG 4338

切断刃に穴が無いのが、「ハード」らしいです。
切断刃自体にも、ハードかソフトの表記があったほうがいいですね。

IMG 4337

ダンボールの分解

本当は、Amazonのダンボールで実践したかったのですが、試し切りで既に切り刻んだあとでした。

なので、余っていた十六茶のケースを分解してみることに。

まずは、カッターナイフで切ります。

IMG 4342

IMG 4343

ある程度、切り開いたら、電動ハサミを入れます。

IMG 4344

IMG 4345

感想

使い心地は、刃が高速で開閉しているので動作音が少し大きいと思うものの、噛み込みなどを起こさずにグイグイと刃が進んで行きます。
ダンボールからの細かい切りくずも出るかもと思ってましたが、そういうことはありませんでした。

いくらたくさん切っても、手が疲れないので長時間の作業でも苦になりません。
重さもそれほど重くないので、取り回しも楽です。

きちんと使い物になる代物で、安心しました。
これを活用して、ダンボールをこまめに処分していきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
  • おき

    いやいや。流石に資源として出しましょう。