ANAマイレージクラブ プラチナ会員証が届きました。

2013年冒頭にANAのマイル制度の改悪が発表されたので、急遽マイル修行を始めました。
関西をベースに、札幌やシンガポール、そしてたびたびお世話になった沖縄空港・・・。
総額50万円強ほどのお金が飛んでしまいましたが、マイル修行を完走してみると苦労も良い思い出です。

(ちなみに、ANAは2014年に入っても「海外乗り継ぎ割」の改悪が行われ、早めの決断・先手を打って正解だったと思いました。)

s-IMG_2984s-IMG_2986

昨年中に50000ppを達成し、先行でプラチナサービスカードは届いていましたが、年度が変わり正式な2014年度のプラチナサービスカードが到着しました。

プラチナサービスの全てを紹介するのは公式を見てもらうとして、私が「助かっている」、「気に入っている」サービスに絞って紹介します。

s-IMG_2988
「プラチナサービス」デスク
送られて来たカードの裏面にデスクの専用電話番号が記載されています。
通常は事前にネットで予約を済ませてしまうのですが、細かいリクエストをするときはこちらのデスクを使わせてもらいました。

実例:
8月の帰省シーズン 親戚に不幸があり一同集まることになりました。両親と参列したのですが、帰りの飛行機はオープンにしていたため予約を取り直す必要がありました。でも、帰省シーズンのため予約用の電話番号は何度も電話を掛けても話し中でつながりません。

そこで、私の持っているプラチナサービスの専用電話に掛けてみると待ち時間無しでつながり、オープン予約の取り直しと私と両親のならび席のリクエストをオペレーターに伝え、迅速に完了することができました。

飛行機が飛び立つ時間に差し迫っていたので、つながるデスクがあるというのは非常に助かりました。

s-IMG_2990
優先チェックインカウンター

これも繁忙期の事になるのですが、手荷物を預けるために検査機の前に20~30mにもなるような長い行列ができます。そうなると行列を見越して空港の到着もいつもよりも早く来ておかないといけません。
プラチナサービスを受けられると優先カウンター前にある検査機を利用できるため、長い行列に並ばなくても済みます。無価値な待ち時間から解放されるというのは効能が大きいです。
空いた時間は、お土産を選ぶ時間やラウンジでゆっくりと過ごす時間に充てています。

s-IMG_2991
このほかにも、「手荷物の優先取り扱い」もコンベアの前でだらだら待たなくても良いので、スムーズに手荷物をピックアップして次の交通機関へ飛び乗ることが可能です。

s-IMG_3002 s-IMG_3001
今年は、スーパーフライヤーズカードを申し込んで、スタアラゴールドの資格を固定しておくのが次の手続きですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク