【かつや】青ネギ味噌カツ鍋定食 八丁味噌スープで煮込んだトンカツが柔らか汁だく!

こんにちわ。管理人のはちく(@hachiku_89)です。

「かつや」にて、冬の定番メニュー

青ネギ味噌カツ丼
青ネギ味噌カツ鍋定食

を頂いてきました!
実食レビューです。

スポンサーリンク

外観

福岡には、かつやが2軒しかありません。
「福岡東光寺店」に来店です。

目の前の車通りの多い「筑紫通り」に向けて、「青ネギ味噌カツ丼」のノボリがたくさん立っています。

KTY negi miso1

店内

おなじみ、店内ポスター。
トンカツの上に乗った山盛りの青ネギが、ヘルシーさを醸し出しています。 

KTY negi miso2

メニュー

こちら卓上のメニュー。

こくうま味噌×たっぷり青ネギ

インスタ映えするたっぷり山盛り青ネギに期待が膨らみます。 KTY negi miso4

金額

青ネギ味噌カツ丼 590円
青ネギ味噌カツ鍋定食 690円

鍋定食は、豚汁(小)がついてきて100円増し。
豚汁(小)は、通常120円で販売されているので、20円お得と言えるでしょう。

KTY negi miso7

せっかく来たので、ちょっと奮発。
豚汁は、(大 )に変更して、「鍋定食」のほうを注文しました。

KTY negi miso3

青ネギ味噌カツ鍋定食+豚汁(大)変更
788円

青ネギ味噌カツ鍋定食、到着しました!!
豚汁(大)のインパクトが強すぎる(笑)

KTY negi miso10

これが、ネギ味噌カツ鍋!

おやっ、ネギの量が・・・。
それほど山盛りと言うほどでも無いですね。

むしろ、キャベツの山盛り具合がスゴイ。 KTY negi miso13

ネギ・キャベツをかき分けていくと、底には「トンカツ」が!

鍋の直径からすると、レギュラーサイズのトンカツのようです。
鍋で煮込んであるため、衣はしっとりと汁を吸ってる模様。

KTY negi miso15

お肉の断面は、こんな感じ。KTY negi miso17

青ネギと一緒に、カツをピックアップ

ご飯にワンバンドさせて、頂きます。

揚がった衣にしっかりと染みこんだ、八丁味噌のスープ。
甘辛い八丁味噌の味。
シャキッとした青ネギが持つ辛味が、味噌のコクにピリッとアクセントを効かせます。 

KTY negi miso20

半熟玉子もあるよ!

ネギを使っていくうちに、半熟玉子を発見!
黄身に、トンカツをまとわせていただくのです!

KTY negi miso22

ぴやぁ〜、このシズル感が溢れるビュー。
味噌の味と黄身の甘みが合わさって、まろやかうまし。KTY negi miso26

最後は、鍋底に残った八丁味噌のスープをご飯にかけて、フィニッシュです。
このときの為に、レンゲが用意されているのです。(予想)

残った具をかき集めて、レンゲにすくい上げます。

KTY negi miso31

ご飯へ注ぐ!

旨味が詰まった味噌スープで締めのメシが完成です。

KTY negi miso35

管理人はちく(@hachiku_89)のまとめ

かつやの「青ネギ味噌カツ鍋定食」、美味しく完食いたしました。

特に鍋定食だからこそですが、トンカツにたっぷりとスープが染み込んで、ジューシーかつ柔らかいトンカツを楽しめました。

八丁味噌と言えば名古屋の雄「矢場とん」が脳内に浮かぶのですが、そこは値段差もありますし届いていないのは率直なところ。 

お近くの「かつや」で、手軽に八丁味噌だれのトンカツが楽しめるのですから、アリなのです。

気づいた点として、青ネギはスープに浸ってしまうと熱が入って多くの辛味が飛んでしまうようです。
青ネギの風味を楽しみたい方は、青ネギの取り扱いには注意をしてくださいませ。

期間限定のメニューですので、お早めにお試しを。
ごちそうさまでした! 

KTY negi miso39

関連コンテンツ



スポンサーリンク

☆ 絶賛フォロワー大募集中です。 ☆
↓よかったら下のボタンのクリックをお願いします。 ↓

フォローする