ANA SFC 2018年カレンダーと手帳が届きました

こんにちわ。管理人のはちく(@hachiku_89)です。

何となく過ごしていた12月のある日。
例年通り「ANA SFC 2018年カレンダーと手帳」が届きました。

すっかりと存在を忘れていたので、嬉しいサプライズとなりました。

 

ゆうメールで届く

今回の箱は、ダンボール地の箱。
去年が白い箱だったので、これもコストダウンを計っているんでしょう。

発送元は「高島屋」
これも去年と同じですね。ANA2018 1

 

お手紙

 

今年もお手紙が入っていますが、文面がこれまた昨年通り。ANA2018 4

 

違ったのは、

手帳とレフェルが別物商品として扱われている点です。

 

今年のANAスーパーフライヤーズ会員限定手帳は

TAKEDA DESIGN PROJECT

のデザインとなっています。
TAKEDAという名称に親近感が湧いてしまいました。ANA2018 43

 

手帳とカレンダー

左の白い封筒が、カレンダー
左の黒い箱が、手帳

となっています。ANA2018 7

 

ANAスーパーフライヤーズ会員限定手帳

では、開封の儀を開催です!

黒い箱を開けると、不織布に包まれた物体が入ってます。ANA2018 11

包みを開くと、手帳がそこに。

今年の手帳。
これまでと同じサイズ・デザイン。

 

しかし!
表面の皮が大きくチェンジです。
ざらざらした皮革が使われています。

 

ざらざらな見た目と反してサラサラな感触。
滑り止めにもなって、さわり心地が向上してます。ANA2018 13

 

手帳の内側

内側のデザインは、昨年に比べるとかなりシンプル化。ANA2018 15

 

一番下に

ANA SUPER FLYERS

の刻印がアクセントになってます。ANA2018 16

 

うら

手帳のもう片方。
去年から取り入れられた青いラインがカーブに沿って縁取りがされて、美しい。ANA2018 18

 

TAKEDA DESIGN PROJECT

一番下には、「TAKEDA DESIGN PROJECT」の刻印が入っています。
何とも、テトリスのテトリミノのようなロゴマークが特徴的。

 

調べたところ、新潟燕三条にある株式会社タケダがデザイン性を前面に出した金属製品のブランディングの事のようです。

HPにある金属製品ラインナップを見ると、デザイン性が秀逸!
ヨーロピアンなスタイリッシュさを持つ製品がならんでいます。

このブランドとANA手帳をよくぞ組み合わせたくれたと感心です。


ANA2018 20

 

カレンダーページ

手帳のカレンダーページ。
予定を月ベースで書きこめます。

これまで通りのデザインを踏襲してるので、 同じ使い心地を味わえるのです。ANA2018 22

 

土・日の記入欄が小さいのが、私が使うなら困る点。

週末の方が、記入するイベントが多いんですよね。ANA2018 23

 

▼ カレンダーページは、「2019年3月」まで用意されています。ANA2018 24

 

レフィルの半分がカレンダーページで、残り半分が横罫線のメモとなっています。

メモページがタップリあるので、余裕ある使い方が出来そう。ANA2018 25

 

▼ おなじみ「世界時差表」ANA2018 28

 

時差に沿って世界の都市がかいてあり、飛行機マークがあるのは「ANA」が運行路線を持っている都市でしょうか。ANA2018 29

 

日本の地下鉄路線図

これ、地方民には便利。
地名と〜線の組み合わせとか、ちんぷんかんぷんです。

路線図って、スマホの画面では使いにくいんですよね。
まだまだ手帳の中には、必要な付録ページだと思います。ANA2018 30

 

▼ 大阪・名古屋地下鉄路線図ANA2018 31

 

▼ 札幌・京都・仙台・神戸・横浜・福岡の地下鉄路線図ANA2018 32

 

レフィルの最後ページには、名前の記入欄。
もしもの時の為に、恥ずかしいかもしれませんが記入しておくのが吉。ANA2018 34

 

 

2018年 カレンダー

白い紙袋に入ったのが、カレンダーです。

ANA2018 35

 

リング止めのカレンダーとなっています。
飛行機好きとしては、所有したいアイテム。ANA2018 36

 

ひと月一ページの構成。
半分が飛行機の写真です。ANA2018 38

 

▼ デスクカレンダーとなっており、組み立てて使います。ANA2018 39

 

▼ 一番最後のページには、ANAのロゴ。ANA2018 41

 

管理人はちく(@hachiku_89)のまとめ

今年も、手帳頂きました。

総括としては、従来通りで大きく変化はしてない。
でも、手帳のデザインは「かなり良くなった」という意見です。

そして、手帳の肌触りが良くて気に入りました。
同じサイズの市販メモ帳が見つかれば、リフィルと入れ替えて使っていけそうです。

 

手帳を手にして、そろそろ2018年がやってくるんだとしみじみ実感です。
やっぱり、一年が早い。