【麺屋とまと 福岡店】トマト嫌いがトマトラーメンに挑戦 完食確定!旨味あふれるラーメンでした

こんにちわ。管理人のはちく(@hachiku_89)です。

宮崎の人気トマトラーメン店「麺屋とまと」が、福岡天神に進出!
実際に食べに行ってきました。

スポンサーリンク

外観

木製の外壁に、トマトの看板。

人によっては、サラダを出すお店にも見えそう。 MenyatomatoF2

木製の外壁に

「トマトラーメン専門店」

という、ブラックボードを見つけマスタ。

いや、「専門店」って。。。
キワモノのはずの「トマトラーメン」が、新たなラーメンの一ジャンルとして既成事実化された現場を見つけてしまったようです。

MenyatomatoF1

トマトラーメンの説明です。
なんと、オーガニックトマト3個分使用したスープとな。MenyatomatoF3

券売機

店内に入ると、すぐに券売機があります。

このボタンのデザインは、かなり突飛!
どれがラーメンを買えるボタンか戸惑いました。

ここは無難に「Ra-men」(750円)を、選択です。 MenyatomatoF4

麺屋とまとの使い方は、

「ラーメン(750円)」を選んで、トッピング(100円〜150円)を追加し自分好みの一杯を作るというのが、正しい利用方法です。

といっても、無料トッピングの組み合わせだけでも満足できそうな味になりそう。

MenyatomatoF5

こちらには、サブメニュー

トマトラーメン屋さんなんですが、「替え玉」が出来るのは福岡らしくて良い。

あと、トマトが苦手な人へ「白湯麺」を用意してあるので、これもうれしいですね。
同行者がトマト苦手な人だとしでも、安心して食事が出来ます。

MenyatomatoF33

店内

卓上調味料

箸、ガーリックオイル、タバスコ、こしょう

ガーリックオイルとタバスコって、ここはピザ屋か!?とツッコミを入れざる得ません。

ガーリックオイルですが、それほどニンニク臭は強くなく、安心して使えました。

MenyatomatoF9

サブメニューに乗っていた「ご飯」たちの食べ方を紹介です。

どうやら、スープの中に直接投入するものらしい。

まぁ、リゾットって食べ物もあるし。。。
「あり」なんだろうね。

MenyatomatoF7

夏場と言うことで、1日5食 夏季限定「冷やしトマトラーメン」(1000円)

冷やしたトマトはあるけど、冷やしたラーメンというのは少し心配な組み合わせ。
1000円という値段は、トッピングの計算をしていくと適切かなぁと思います。

MenyatomatoF6

店内の様子

かなーり広いお店。
奥まで続く「カウンター席」 

席数も多いし、広々ゆったりとしているので、過ごしやすい。
内装もおしゃれだったので、女性が喜ぶお店になってる。

MenyatomatoF10

椅子も木製だったけど、座面が広くて座りやすかった。 MenyatomatoF23

入り口の方には、大きめのテーブル席を3卓配置。
4人掛けで使っても、ゆったりと過ごせる余裕があります。

MenyatomatoF24

トマトラーメン(750円)

トマトラーメン 着丼!

無料のトッピングは
「自家製バジルソース」
「都城から直送 生姜(ショウガ)」
「香味ネギ鶏油」
の3つを頼みました。

トマトだけに赤いスープのラーメンということで、見た目からは「辛麺系」のラーメンかなと思うぐらいです。

MenyatomatoF13

スープ

驚きました!

しっかりラーメンのスープなのです。
変にトマトの酸味な感じも無くて。
トマトの旨味、グルタミン酸がしっかりと引き出されたスープ。
ずっと美味いなぁと、うなりながらスープを飲んでいました。

表面には、かなり厚い油膜が張ってます。
でも、そういう「コッテリ」したものは、口の中には残らないのです。
トマトの柔らかい酸味の効果かもしれません。

MenyatomatoF14

メン

かなり細い麺。
博多ラーメンのメンとほぼ変わらない細さです。

味わいは、独自。シコッとしたコシを感じるメンでした。 
長めのメンで、しっかりとスープや具材を巻き込んでくれます。

MenyatomatoF22

トマト、見つけ出せました。
でも、大部分のトマトは、かなりスープに溶け込んでいるようです。

MenyatomatoF21

次の一手

一通り、具材とメンを頂き終えます。
これで食事終了なわけがありません。 

そう‥
「替え玉」か「ご飯」か。 究極の選択です。

「ご飯」で行くことに決めました。
替え玉だと、1杯目の続き。延長戦。
ただの増量に過ぎないのです。

新しい味に挑戦したいので、ご飯で攻める。

MenyatomatoF26

リゾットご飯(150円)

ご飯の券は買っていなかったので、店員さんにキャッシュオンでお金を渡して注文しました。

届いたリゾットご飯。
白いご飯にフライドオニオンなどがのってます。

しかし、ふりかけご飯にしか見えませんでした。

MenyatomatoF27

届いたご飯を、残ったトマトラーメンのスープへ投入。MenyatomatoF28

スープの底に残っていた鶏チャーシューとともに、リゾットご飯を頂きます。

旨味たっぷりのトマトスープには、甘い白米がよく合います!

食べていると、ふりかけ成分(フライドオニオン、バジル、チーズ)の味が少し控えめだったので、手元のガーリックオイルやタバスコで味の変化をいれました。

そうなると、いっそう美味!
大勝利です。 

MenyatomatoF32

管理人はちく(@hachiku_89)のまとめ

題名にあるように、私はトマトが嫌いです。
食わず嫌いとかじゃ無くて、キライなのです。

トマト嫌いにも、いくつか派閥があり

「生のトマト」嫌い派

に属します。

つまり、加熱されたものだとOK!
煮込まれたトマトソースだったりすると食べれるのです。

そこで、このトマトラーメンですよ。

ほんとに驚きの味、美味しかった一杯でした。
トマトには旨味成分が含まれていることはよく知られており、それとラーメンがタッグを組むわけですから間違いない美味しさになるのは必然。

スープに関しては、同店で鶏白湯を出してることから、ベースは鶏スープで割ってるんだと思います。
オリーブオイルを加えてコクだし。

地元の食材(野菜)を使っているのも、コンセプトのひとつのようでそういう姿勢は女性からの支持を集めそうですね。

トッピングが豊富なため、毎回違うトマトラーメンを作れる楽しさがあるお店です。

自分がトマト嫌いなのを、忘れた一杯でした。
ごちそうさまでした!

MenyatomatoF34

店名麺屋とまと 福岡店
TEL092-733-0606
住所福岡県福岡市中央区天神2-7-22 The7 1F
営業時間11:00〜24:00
定休日無休