【小野の離れ】大事な人と行きたい至上の隠れ家的日本料理店(福岡赤坂)

こんにちは。管理人のはちくです。

お盆の時期、遠方より友人が来てくれたので、接待にふさわしい福岡の美味しい店を探してみました。

そこで決めさせてもらったお店はこちら!

 「小野の離れ」

実力派の有名料理店ということで、期待を高めて訪問してきました。

外観

初めて行く人からは、判りにくいお店だと思います。
まさに「隠れ家的」ですね。

この写真の白い塀にそって、奥へ進みます。 IMG 6884

細い路地を先に進むと、建物側にこのようなランプが見つかるはずです。

インターホンを押して、中の人と話してドアを開けてもらいましょう。
つまり、常にカギが掛かってるお店なのです。
IMG 6886

階段にはこんなオシャレなランプも見つかります。
IMG 6979

店内

カギを開けてもらい、階段を登って2階に進みます。
資料写真には、カウンターの席もあったのですが、私たちが通されたのはテーブル席。

ゆっくりと話しがしたかったので、むしろ好都合でした。
IMG 6978

メニュー

席について、店員さんが挨拶と話をかけてくれます。
ものすごくフレンドリーで、いい接客でした。

とりあえず、先にビールだけを頼んでおいて、その間にゆっくりとメニューの中身を眺めます。

■本日の旬 メニュー 全体IMG 6888

■本日の旬 メニュー 上段
IMG 6889

IMG 6890

■本日の旬 メニュー 下段
IMG 6891

IMG 6892

■本日の旬 メニュー裏面 上段
IMG 6893
IMG 6894

■本日の旬 メニュー 裏面 下段
IMG 6895

IMG 6896

■ドリンクメニュー
長細い冊子状のメニューで、変わった装飾がしてあるのに興味を引きました。 

【ビール】
IMG 6897

IMG 6898

【ワイン・サングリア・日本酒】IMG 6899

IMG 6900

IMG 6901

【小野の離れ 厳選日本酒】IMG 6902

IMG 6903

【焼酎】
IMG 6905

IMG 6906

【果実のお酒・スパークリングワイン・ハイボール】IMG 6907

IMG 6909

【ノンアルコール・ソフトドリンク】
IMG 6910

IMG 6911

見て判るように、かなり品数が豊富で選ぶのに悩みます。
そこで、お勧めと思われるコースメニューの「舞 mai」を選びました。
3800円と非常にリーズナブルですし、これで足りないものがあったら、追加で1品ずつ頼んでいきます。

店員さんにも相談したのですが、コチラのコースを選ばれる方は多いとおっしゃってました。
しかも、オススメの料理が全て揃ってると言ってもらえ、後押ししてくれます。IMG 6976

コースメニュー「舞」

生ビール(600円)

歓談を楽しみながら、待ってるとビール登場です。
金属製のコップとは珍しい。
夏の暑さでのどが渇いていたので、ビールの美味さは格別です。
さらに金属製コップのひんやりとした口触りが気持ちいいですね。IMG 6904

先付け お漬物

先付けにお漬物とは珍しいですね。
さっぱりした味の漬物が多くて、程よくつかっております。IMG 6913

お造り11種

お造りは、第1弾、第2弾と分けて登場します。
第1弾では、このような四角の平皿に一切れずつの盛り付け。IMG 6914

イクラと豆腐とオリーブオイルIMG 6915

骨せんべいと白身(失念しました。)IMG 6916

ウニと笹かまぼこ
毛ガニ(下側)とズワイガニ(上側)と海ぶどう
IMG 6917

第2弾のお造り
小鉢が多く登場する第2弾です。IMG 6928

煮凝りとウニ
これは、濃厚な味のコンビで、幸せになる味でした。IMG 6929

アワビとエビのからあげ
肝ソースがいい味でした。
IMG 6931

ごまサバ
IMG 6932

焼き物

キンメダイの桜チップ燻製
これが、ものすごく芸が細かい。
ザルの下には、桜のウッドチップが煙った状態で持ってきてくれて、テーブルがまたたく間に桜のニオイに包まれます。
ザルの上のキンメダイやはまぐり、マグロの血合いに、しっかりと燻製の味がついてて、なかなか食べられない調理法です。IMG 6933

IMG 6936

IMG 6937

光彩陸離

なんだか最初はわからない料理名でしたが、揚げ物の膳になっています。

半透明のボールに覆われて、煙の覆われた皿が運ばれてきました。
「タチウオ」「いちじく」「ゴーヤ」「とうもろこし」の揚げ物です。
それを3色のソースに付けて、頂きます。
3色は「パプリカ」「カボチャ」「(?)」で作ったソースです。

タチウオは、カレーパウダーが衣に混ぜてあったので、口に運んだ瞬間香りがものすごく立ちます。
いちじくも、揚げることで油と馴染んで甘みが増しますね。
ゴーヤもしっかりと苦味が残ってて、夏らしさを感じます。
とうもろこしは、焼き目の風味が良かったです。
IMG 6938

IMG 6942

IMG 6943

IMG 6944

おまかせ茶碗蒸し (ウニの茶碗蒸し)

通常の茶碗蒸しとは、段違いの味です。
味が濃厚で、しっかりと噛み締めながら食べないともったいないと思いました。IMG 6946

IMG 6947

IMG 6961

お寿司(2貫)

白身に乗った小さな柚子胡椒が、僅かな量でだったのに、口の中でものすごく香りが広がりました。IMG 6964

IMG 6965

IMG 6966

単品注文 ポテトサラダ(380円)

ポテトをひとくちづつ、サニーレタスの上に乗せた一手間かかった盛り付け。
ものすごく取りやすくて食べやすいポテサラでした。
こんな盛り付け方というのは、初めて見ました。IMG 6967

IMG 6968

あおさの雑炊

あおさからの潮の香りを感じます。
終盤にもかかわらず、雑炊なのでスルスルとお腹に収まりました。 IMG 6969

IMG 6971

コーヒー・デザート

濃厚プリンです。
ちょっと固めのプリン。
カスタードの濃厚さが口に広がります。
上に掛けてあるカラメルソースには、蜂蜜のような味も感じました。
ソースは抜群に甘くて、甘さ控えめのプリンとちょうど味がマッチしています。

素晴らしい味の変化球です。
IMG 6972

IMG 6975

登場した日本酒

2杯、頂きました。
どちらも福岡のお酒です。なかなかの高級酒。
キリッと辛口。前半のサシミに合わせた繁桝(しげます)のほうが、記憶に残る味でした。
残心も限定品の秘蔵っことして出してもらっただけあって、これまた美味しいお酒には変わりません。

繁桝 中汲み大吟醸 生々 (福岡 高橋商店)

IMG 6926

IMG 6923

残心/純米大吟醸 (福岡 林龍平酒造場)

IMG 6960

IMG 6958

まとめ

今回は、写真が多いエントリーになってしまいましたが、記録にも記憶にも残しておきたい料理に舌鼓を打てました。
接待した友人は精通した美食家でしたが、満足して返すことが出来ました。
福岡の一流料理店の力を見せつけられたと思います。

また、店長や小野氏など、仕事の合間に丁寧にテーブルまで挨拶に来てくれて、一流の接客を受けたように思います。
帰りの時も姿が見えなくなるまでお見送りや、サプライズのプレゼントも用意してくれてたりして、これでは一流店の実力を疑う余地はありません。 

「誰かに伝えたくなる名店」

これしか、素晴らしさを表す言葉が見つからないですね。

久々に贅沢しました。
ごちそうさまでした。

ランチもリーズナブルで豪勢だと訊いているので、また再訪したいですね。


お支払い
 お一人 7000円
(有名日本酒を時価相当で飲ませてもらったので、それの影響が大きいと思います。)


店名小野の離れ
TEL050-5570-2742 (予約専用番号)
092-726-6239 (お問い合わせ専用番号)
住所福岡県福岡市中央区舞鶴1-3-11 2F
営業時間12:00~13:30
17:00~24:00
定休日日曜日

☆☆☆ 絶賛フォロワー大募集中です。 ☆☆☆
↓↓↓よかったら下のボタンのクリックをお願いします。 ↓↓↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク