【下町屋】予約必須の人気店 昭和レトロが溢れる店内で頂く「もんじゃ焼き」 

こんにちわ。管理人のはちく(@hachiku_89)です。

東京下町の味「もんじゃ焼き
駄菓子屋さんで溶かした小麦粉を鉄板で焼く時に文字を書いて遊んでいたから「もんじゃ」と呼ばれるようになったとか。

その東京の味が福岡でも味わえると言うことで、博多区美野島にある

下町屋

で美味しいもんじゃを頂いて来ました。

下町屋の外観

美野島のMrMaxがある交差点近くに「下町屋」が見つかります。

巨大ちょうちんに「もんじゃ」の文字。
ボンカレーのブリキ看板がレトロ風情を演出してます。Shitamachiya 1

下町屋の店内

開店直後に入ったのですが、既に店内は予約で一杯でした。
来店してるお客さんも多かったので、全景の店内写真は撮れず。

それにしても、壁一面には昭和レトロを感じさせるポスターがいっぱい!
タイムスリップした雰囲気が出ててたまらん!

Shitamachiya 4

 

テーブル席に座りました。
もんじゃ焼き屋なので、当然テーブルには鉄板。
使い込まれてて良い感じ。Shitamachiya 2

 

もんじゃを食べるには必須の「小へら」
これで、もんじゃを鉄板に押しつけてへらに貼り付けながら頂くんです。Shitamachiya 15

 

下町屋のメニュー

こちらが下町屋のメニュー。

Shitamachiya 5

サラダ・おつまみ・鉄板焼き

居酒屋のように各種おつまみが注文可能。

もんじゃだけじゃ無く鉄板焼きも人気があるようでした。Shitamachiya 6

Shitamachiya 7

 

もんじゃ焼き

基本500円のもんじゃにトッピングを付けるシステム。

いろんな食材の組み合わせが出来るので、考え出すと切りがありません。
「オススメ」の組み合わせが紹介されてるので、そちらから選ぶのが手っ取り早いかな。

Shitamachiya 8

 

「ミックストッピング」は値段が明瞭ですし、こちらがお得。
それでもいろんな味のもんじゃ焼きが頼めるのはスゴい。Shitamachiya 9

 

もんじゃ焼きのランキングがあるので、人気メニューを選べば間違いなし!

Shitamachiya 14

ドリンク

ドリンクも置いてます。

Shitamachiya 10

Shitamachiya 11

Shitamachiya 12

 

生搾りオレンジジュース

これを頼むと、ドリンククーラーの上に置いてある「生搾りマシーン」で絞りたてホヤホヤのジュースやカクテルが提供されます。
マシーンの動く姿を見ると、つられて注文しちゃいそうになりました。

Shitamachiya 13

 

メキシカンミックス+ベビースター もんじゃ

ホッピー

東京といえば「ホッピー」
そんな先入観がワイにはあります。
もんじゃとホッピーを合体させて、東京感を感じたい!

ならば、ホッピーをオーダーです。

Shitamachiya 17

 

氷とキンミヤ焼酎が入ったキンキンに冷えたジョッキに、好きな濃さになるようにホッピーを注ぎます。
なか(2杯目)もいきたいので、ホッピーは半分だけ使用。

ホッピーのチープな苦味と微炭酸、キンミヤ焼酎の強めのアルコール。
ホッピー、うまし。

Shitamachiya 18

もんじゃ到着

店内には、予約を入れたお客さんが続々入店。
あっという間に満席になりました。
店員さんも慌ただしく各テーブルを回ってる感じ。

大賑わいのためか、もんじゃが到着するのは時間を要します。

やって来たもんじゃ。
ボウルには具材が山盛りで、ベビースターも別皿で登場。

Shitamachiya 19

 

頼んだもんじゃは、冷えたホッピーと合うようにやや辛の

メキシカンミックス

モチが入ったもんじゃが食べたかったんですよね。

Shitamachiya 20

調理はお任せ

もんじゃの調理は、店員さんにお任せ。
慣れた手つきで手際よく鉄板に具材を広げて調理開始。Shitamachiya 21

 

熱々になった鉄板からは、出汁の蒸気で噴き上がり美味しそうな香りが立ちます。

店員さんは気さくにワイとおしゃべりをしてくれつつ、2本のへらを巧みに操って鉄板に乗った具材をみじん切りに刻んでいきました。Shitamachiya 24

 

刻み終え、具材には熱が入りコネコネ状態に仕上がり。

Shitamachiya 31

 

土手を作って…Shitamachiya 32

 

土手の中に、残りの出汁を注ぎます。Shitamachiya 34

Shitamachiya 35

 

出汁を注いだ後は、土手を崩しつつ鉄板全体を有効に使って水分を飛ばし、また混ぜ混ぜ。
適度に水分が飛んだところで、仕上げの塩コショウやトッピングのベビースターを全体に振りかけていきます。

Shitamachiya 50

ベビースターを加えて完成

長い工程を経て、

もんじゃ焼き 完成です。

一人の店員さんがつきっきりで調理しないといけないので、大変だわなぁと感じます。

Shitamachiya 58

 

固まった端っこをへらで削って頂きます。Shitamachiya 61

久しぶりのもんじゃ焼きは、うまーーーー。

メキシカンの優しい辛味。
煮込まれたモチの軟らかさとキャベツの甘さをまとめる出汁の旨味。
ベビースターはふやけつつも、ボリっとした食感も期待通り。

B級グルメなチープな美味さに、安らぎを覚えます。

Shitamachiya 62

 

出汁が焼き付いて鉄板に張り付いた「おこげ」
これも必食の味なんです。

香ばしいフレーバーと出汁の旨味が凝縮されて、中毒性が高い危ない粉末が出来上がってましたwwww
小へらを使って削りながら何杯も酒が進みます。

Shitamachiya 66

やきそば

せっかくなので、鉄板焼きのジャンルも攻めてみたい。
やきそばを頼んでみました。

半熟の目玉焼きと天かすが乗った美味しそうな「やきそば」到着です。

Shitamachiya 71

モチモチした平太麺とシャキシャキした野菜。
お好み焼きのソースを使って味付けしてるので、そこらのものとは一線を画すやきそばです。

これも美味しいぞ(゚∀゚)

Shitamachiya 76

管理人はちく(@hachiku_89)のまとめ

Shitamachiya 78

下町屋の

もんじゃ焼き 完食です!

あっという間に食べてしまいました。
出汁の味がしっかり強めに感じられる美味しいもんじゃでした。

料理だけでは無く、店内が昭和レトロ感&駄菓子や的なイメージで仕上がってて、老若男女が世代を超えて楽しめる居心地の良さがありました。

飛び込み訪問で時間制限を付けての案内だったので、次回は予約してガッツリ飲み食いをしたいと思います。

美味しかったです。
ごちそうさまでした!

店名下町屋
営業時間[月~日]
18:00~24:00(L.O.23:30)
TEL092-481-5220
定休日限りなく無休
住所福岡県福岡市博多区美野島3-15-6 シティライフ博多駅南 1F