【豚ステーキ十一(といち)赤坂店】黒こしょう香るレア豚ステーキが激ウマでした。

こんにちわ。管理人のはちく(@hachiku_89)です。

今回はトンテキというか、「豚ステーキ」が有名な「豚ステーキ十一赤坂店」に行ってきました。

外観

お店は割とわかりやすい位置にあります。

西鉄赤坂ビルという1階にスーパーのテナントが入ってるビルの地下1階にあります。
スタバの隣のビルというともっとわかりやすいかもしれませんね。
看板もこんな感じで出てますので、これが見つかれば、すぐこそです。 IMG 7663

地下に降りて、奥に進むと「十一」の看板が見えます。

ガラス張りで、中が丸見えというのはオサレ。IMG 7666

店内

ガラス張りの店内に入ると、コンクリート打ちっぱなしの天井の高い店内空間がありました。
このような巨大スペースが、地下のお店にある事自体が驚きです。IMG 7668

テーブル席もあって、団体や家族で来ても安心。IMG 7669

カウンター越しにキッチンもノゾケます。
調理場が清潔に保たれてることがひと目でわかりますね。 IMG 7671

ランチ用にセッティングされたお盆。
IMG 7678

メニュー

メニューは、壁に貼ってあった

上タンステーキ
豚ステーキ

の2種類の模様。

上タンステーキも気になるところですが、当初の目的通り「豚ステーキ」を頼みます。

一緒にごはんに載せるモノを訊かれたので「明太子」をお願いしてみました。IMG 7667

卓上には、豚ステーキの食べ方をおすすめする立て札がありましたので、じっくりと読み込みます。
IMG 7674

ご飯とみそ汁がおかわり自由。
ありがたい話です。

500円で替え肉」が出来るということですが、タケルを始めそういう替え肉サービスというのが流行ってるんですかね。
博多ラーメンの替え玉みたいに。

IMG 7673

こちらが、説明書きにあった「わさびおろし」「ニンニク入りの辛みそ」です。
開店直後に入ったので、なみなみと注がれていて圧巻のボリューム。IMG 7672

あと、ピッチャーにはレモン水。
風情があります。
IMG 7676

オーダー直後、サラダを持ってきてくれました。
パイナップルの存在感がスゴイ。

とりあえず、サラダはステーキが届くまではお預け。 IMG 7677

豚ステーキ定食 1000円

ジュウジュウと音と煙をガッツリ立てて、豚ステーキ到着です。
目と耳から、食欲を刺激してくれます。

ご飯(明太子)
赤だしみそ汁
ポテサラ
しょうが醤油

の構成です。

IMG 7680

豚ステーキをそのまま、何もつけずに頂きます。

中身は、レア!!
とても柔らかくて、噛むたびに黒こしょうの香りが鼻腔を突き抜けていきます。

シンプルな調理法で美味しいということは、元々が美味しいということにほかなりません。

見たところ、赤身肉なのですが固さは全く感じず、豚肉が持つ柔らかさとは思えません。 IMG 7682

タマネギの上に、ステーキを載せてあります。

最初は生タマネギのシャキシャキとした感じと、後半は火が通ってしんなり甘いタマネギになるという2つの楽しみ方が出来ます。IMG 7683

おろしわさび」を載せて食べます。

結構多めに載せても、全然問題ないです。むせることは無いですね。
スカッと爽やかな味わいに変わります。IMG 7687

「ニンニク入りの辛みそ」を載せてみました。

ニンニク入りということで、ニオイに警戒をしていたのですが、それほど強いものではなく翌日には影響することはないだろうなと思うレベルです。
辛さも控えめ。味噌感をキープしてますね。
総じて、イメージよりも使いやすいし食べやすいという感想でした。IMG 7689

3つの味を試してみましたが、「黒こしょう」が一番好きで次に「おろしわさび」の順番になりましたね。

管理人はちく(@hachiku_89)のまとめ

ご飯とみそ汁を一杯ずつおかわりして、完食です。
やっぱり、来てよかったと思える「豚ステーキ」でした。

このクオリティがたった1000円で味わえるというのは、激安レベルです。

品数を制限しているので、安く出来るということでしょうか?
とにかく、店内の雰囲気もいいので、デートにも使えそうなお店でした。

また、再訪したいと思います。
ごちそうさまでした!

IMG 7690

店名豚ステーキ十一 赤坂店 (トイチ)
TEL092-711-7855
住所福岡県福岡市中央区大名2-4-30 西鉄赤坂ビル B1F
営業時間11:00~15:00(L.O.)
17:00~21:00(L.O.)
定休日

☆☆☆ 絶賛フォロワー大募集中です。 ☆☆☆
↓↓↓よかったら下のボタンのクリックをお願いします。 ↓↓↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク