【吉野家】黒い吉野家が福岡天神サザン通りに出現! 肉汁あふれる「から牛」を食べてきたぞ!

こんにちわ。管理人のはちく(@hachiku_89)です。

リニューアルされた吉野家、またの名を

「黒い吉野家」

に行ってきました。

スポンサーリンク

外観

外観が、非常におしゃれ。
これまでの「吉野家」のブランドカラー、「オレンジ」の色合いは潜めてます。

木材と「黒色」で構成された、シックで大人ぽいお店へと印象をガラリとチェンジです。
サンドイッチやサラダを売りそうな雰囲気ですね。

B yoshinoya1

B yoshinoya2

メニュー

店外に向けて、巨大なデジタルサイネージが設置されています。
大型モニター表示であるため、印刷物とは異なる訴求力を感じます。

「土用の丑の日」は過ぎてしまいましたが、まだまだウナギも食べたい気分。

B yoshinoya4

お昼に来店したので、ランチメニューが店先に掲示されてました。

牛丼とのセットメニューは「30円お得」なランチメニューとして売り出してる模様。
全てに汁物がついて、和風の定食ものに格上げです。B yoshinoya3

こちらが、グランドメニュー

全てのメニューに「英語、中国語」の表記がついています。
これは良いこと!
吉野家もインバウンドによる好景気の波に乗らねばです。 B yoshinoya5

今回、訪問の目的はこれ!

「から牛」

「鶏から揚げ」と「牛肉」が一緒のどんぶりに載っているという、有りそうで無かったコラボレーション。

注意書きとして「10〜24時まで」という、販売時間が決まってるようです。
つまり、朝の時間は注文できないということですね。

B yoshinoya6

店内

店内は、これまで知っている吉野家と、ガラッとスタイルが変わりました。

まず、中央が店員の通り道になっているU字型のカウンターが無くなってます。
コレは、吉野家的効率オペレーションの大きな転進でしょう。

入店すると注文と支払いをし、トレーに乗った料理を受け取り席に着くという、「フードコート型のセルフサービス」に変わったようです。

店舗改装により、店員は奥の厨房での調理とレジで勘定を行うだけです。
作業者の導線が短くて業務効率が上がりそう。 B yoshinoya7

レジの上には、新製品の「サラシア牛丼」のデジタルサイネージ。
サラシアの効果で血糖値の上昇を抑えるとか。らしいです。

興味深い機能性食品ですが、今回は血糖値のことは忘れて「から牛」狙い。

B yoshinoya9

レジで注文して支払いを終えると「提供コーナー①」「提供コーナー②」で牛丼を受け取ります。

私は、「から揚げには時間がかかります」と言うことで、支払いが終わったらブザーを持たされ呼び出されるまでは席について待つことに。 B yoshinoya11

牛丼を受け取った後は、ドリンクコーナーでお茶やお水を継ぎます。
紅ショウガ、一味唐辛子も、このコーナーに置いてあるので、好きなだけ取ります。
(つまり、各席にはショウガなどは置いてないのです)

B yoshinoya10

お手洗い

お手洗いも改装されて、牛丼屋のそれではありません。
水回りがキレイなのは、飲食店の基本です。

B yoshinoya15

B yoshinoya16

喫煙室

喫煙室も完備。
分煙せねば。

B yoshinoya18

テーブル

椅子も座面が大きくて、おしりが痛くなりません。

B yoshinoya12

今回のリニューアルの特徴がこれ!

コンセント&USBコネクタが席に設置されています。
パソコンや携帯電話の充電に使えるというわけです。 

マクドナルドでも、リニューアル後の新店舗ではコンセントが用意されており、その流れに乗ったということでしょう。

B yoshinoya13

卓上にあるメニューには、店内のフリーWi-Fiの設定方法があります。
これで、「ギガが減らず」に済みますね。

B yoshinoya19

タルタルから揚げ丼(大) 650円

渡されたブザーが鳴って料理を取りに行きました。

「タルタルから揚げ丼」見参です!
(一緒についてきたのは、マヨネーズ)

当初「から牛」を目的と言ってましたが、メニューをみてタルタルの魔力に負けてしまいました・・・。
郷土食「チキン南蛮」で育った私の悲しい性です。

B yoshinoya22

丼には揚げたての「から揚げ」が、ご飯が見えないぐらいにてんこ盛り。
みんな大好き「タルタルソース」もケチらずにドバッとかかってます。

素晴らしい心意気!

B yoshinoya21

牛丼ではご飯に牛丼のツユがタップリかかっているのですが、から揚げ丼だとどうでしょう。

から揚げをずらしてご飯を確認。
から揚げに使っている「ニンニクしょう油風のソース」がまぶされていました。 

B yoshinoya24

では、最初に「から揚げ」を頂きます。

揚げたてなので、ふっくらジューシー。
肉汁もこの大きさからは驚くほどの量がしみ出しています。

しっかりとニンニクしょう油に漬け込んでからの「揚げ」をしているので、奥までしっかりと味が染みこんでいます。
何も付けずそのままでも美味しい。 

単品でもかなり美味しかったのですが、もちろんタルタルソースも必要です。
タルタルは玉子(黄身)の甘み成分が少ない気もしますが、酸味とタマネギの辛味でから揚げのオイリーさをマイルドにしてくれます。

正直「から揚げ」もこれだけの量があると胃にもたれるのですが、この組み合わせで最後の一個までガンガンイケます!

B yoshinoya26

さて、処遇に困ったのがコレ。
「マヨネーズ」さんです。

タルタルにマヨネーズをかけても意味ないので、キャベツ部分だけに「マヨ」を注ぎました。

せっかくなら、キャベツも「タルタル」にまぶして食べたい!
別添えマヨネーズをつけるよりも、キャベツ分のタルタルも用意して欲しいと思う。

B yoshinoya29

管理人はちく(@hachiku_89)のまとめ

今回、「黒い吉野家」にて、から揚げ丼を食べてきました。
リニューアルに合わせて、実に良い商品を開発したと思います。

最近のから揚げブームをしっかり研究されており、から揚げ専門店と引けを取らない味。
これを身近な吉野家で気軽に楽しめるというのがいいですね。

それ故の問題ですが、から揚げ調理には時間がかかります。
この決断は吉野家伝統の「早い、安い、うまい」からの脱却ということでしょう。

長時間滞在する事を目的とした「黒い吉野家」店舗改装も面白い試みだと評価してます。
私自身は、「吉野家コピペ」を見て育ったので、「吉野家では食事を終えたらすぐに立ち去るのがクール」と思ってる節があるのですが、時間とともに私もお客さんも意識が変わっていくかもしれません。

人気回復したマクドナルドは、今やビジネスマンや女子高生が集い、携帯の充電やPCの電源供給&ノマド基地として活用されてるのですから。

久々に吉野家でうまい飯を食べました。
ごちそうさまでした! 

B yoshinoya33