まだ歯医者を怖がってるの?!最近は麻酔注射が痛くないんだなぁ〜

ちょっと日記的な内容のエントリーですが、お楽しみいただければ幸いです。

自宅で昼食を取った後、歯磨きをしてました。

いつもどおり奥歯を磨いていると、急に口の中に異物が転がるのに気が付きます。

慎重に口の中から取り出すと、虫歯治療に使っている銀歯の詰め物でした。

慌てて、行きつけの歯医者に電話をかけて、予約の時間をいれることに。

数カ月前に、その歯医者さんから、歯石取りの案内はがきが来ていたこともあり、少しバツが悪いところもあったのですが、状況も状況なので言ってられません。


歯医者に入って受付を済まし、診療チェアに座って待っていたら、先生が

久し振りですね〜

と、軽く挨拶されてしまいました。

いやー、ちょっと気まずい

さっそく、口の中を診てもらいます。

奥歯の詰めモノのアトを写真にとって診せてもらったところ、黒く変色してて、素人目にも虫歯になってるのがよくわかります。

恐怖の麻酔注射

先生から、

虫歯になってるので、麻酔をかけて詰めモノをやり直したほうがいいですね。

との診察結果。

外れた詰めモノを再セットするだけで終了するのを期待していたので、落胆してしまいました。

麻酔をかけること、もとい注射することを泣いても仕方ないので、その日のうちに虫歯の治療をしてもらうようにしました。

ここからは、顔にガーゼをかけられてまわりが見えなかったので、治療の様子を想像した話になります。

まずは、奥歯のまわりに液体の塗り麻酔をされてました。
少しひんやりとしましたが、しばらく待ってるとほっぺたまで麻痺してくるのを感じてきました。

ちょうどその頃に、先生から声をかけられて、麻酔注射にとりかかるようでした。

作業自体、不思議な感覚で、歯茎に何かあたった感触があったものの、それ以外の感触や痛みを全く感じません。

思ったよりも長い時間、先生が口の中に指を入れて、ウニウニしてたなぁとは思いました。

でも、それ以外はまっったくと言って、医療行為を受けてる感覚を感じない、快適な時間でした。

次第に、麻酔が効いてきて虫歯の治療に取り掛かったのですが、おかげでドリルで刃を削るのもほとんど痛みを感じずに、安心してカラダを任せることが出来ましたね。

作業台を見ると、こんな形の機械が置いてありました。

(参考画像)

syringe

ちょうど針が付いてるのは見えなかったのですが、液体シリンダが見えたため、調べたところ電動の麻酔注射機のようでした。

文明の利器で、ここまで恐怖の塊である「麻酔注射」が快適になるとは思いもよらないところです。

こういう医療の進化は、大歓迎ですね。

そもそも、歯石取りは定期的に行ってれば、今回の虫歯もそれほどひどくなってなかったかもと思い、デンタルケアの重要性を感じるとところです。

みなさん、安心して歯医者に行きましょう!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク