【12月退職者向け】健康保険を任意継続してる人は、国保に切り替え免除申請を検討してみたら?

<注意>
こちらの情報は、住んでいる地方自治体によって運用や制度が異なるので、詳しくは市役所等の窓口にて確認して下さい。


高い健康保険料

会社をやめてからは、ちまたのマニュアル本に書いてある通り、任意継続で健康保険を支払っていたのですが、保険料がかなり高額で生活を圧迫してました。

そんなこともあり、福岡市への引越の手続きのついでに訪れた、区役所の国民健康保険の窓口で、国民健康保険の乗り換えの相談&乗り換えた場合の保険料の算出をお願いした時に、いい情報を提供してもらえたので、ここでお伝えしたいと思います。

調べてもらうと、やはり事前の情報通り、国民健康保険に乗り換えると、任意継続の保険料支払いよりもかなり高額になると教えてもらえました。

しかし、福岡市には

「保険料の減免」

という制度があって、私の場合は以下の条件にマッチしてました。

保険料の減免

【所得減少】
今年中の見込み所得金額※1が420万円以下で、 その所得が前年に比べて30%以上減少する場合
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【減免内容】 所得減少割合に応じて、所得割額の10%~100%を 減免
genmen

http://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/kokuho/hp/seido/06-05.html

こちらのルールが適用できれば、大幅に保険料の支払いが抑えられます。

私は退職した12月から5月までの半年間は無収入の状態でしたし、運良く6月から職を得られたとしても、所得が前年度と比べて30%以上落ち込むのは間違いありませんでした。

そういうこともあり、窓口の方とじっくり相談の上、任意継続の健保を、国民健康保険に切り替え、同時に減免の申請をするスケジュールを組んでもらいました。
(区役所では、こういう相談にも、丁寧に乗ってもらえます。公務員の市民サービスは本当に向上しました!!)

言われたとおりに実行したところ、私の場合は、毎月2万円以上あった保険料の支払いが半額以下になりました!!
これは、本当に助けられた制度だったと思います。

退職して職が見つからず、高額な保険料に苦しさを感じてる方は、一度窓口で自分が減免制度の利用対象に当てはまらないか調べてもらって下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク