【Yahoo!天気】iPhone天気アプリは消せ!「Yahoo!天気」の雨対策がはかどりすぎる!!

こんにちは。管理人のはちくです。

先日、こんなブログを読ませていただきました。

旅行に行くのにiPhone純正の「天気アプリ」は信用しちゃだめ

実は前々から怪しいと思っていました。あまりに怪しいので、本日は本当に怪しいのかちょっと調べてみました

上記の内容を要約すると、天気アプリの天気情報提供元(The Weather Channel)がクソすぎて使えないという話です。

実は、この話。
私も実体験として薄々感じていたところで、iPhoneの天気アプリには裏切られることが何度かありました。
1日じゅう晴れという予報だったのに、天気が崩れて雨になったとか。

その時は、深く原因を追求しなかったのですが、実態はこういうことだったんですね。

外資系の天気情報会社なので、アジア地区の予報精度がイマイチなんでしょう。

余談ですが、同じ気象を扱っているとはいえ、天気予報自体は発行体によって、かなり予測は異なりますよ。
こんな具合に。

戦後史上最大の台風が韓国を直撃するが韓国の台風予想進路が

韓国だけ進路予想ではなく、進路希望になってた。捏造画像ではありません。韓国の気象庁の本気のデータです。捏造でないことがわかる画像を追加しました。(2012/08…

さて、iPhoneに入っている「天気」アプリがダメダメというのはよく判りました。
それを分かって使い続けるなんて、アホウの所業です。
問題に気がついたら、改善です。PDCAです!(大げさ)

スポンサーリンク

そうだ、Yahoo!天気に入れ替えよう!

ということで、私が選んだのは、Yahoo!天気。
Yahoo tenki

数ある天気アプリを並べて機能比較をしたわけではなく、Yahoo!カーナビを結構重宝していたので、今回も期待を込めてYahoo!ブランド登板です。

インストールし利用開始したところ、かなり使える天気アプリでした!
早々に、標準の「天気 」アプリは目立たないところに隠してしまい、「Yahoo!天気」を一軍起用です。

使えるポイント1
雨雲ズームレーダーが超優秀

現在地に、雨雲が接近すると携帯電話に通知が発生します。
この機能を使うには、Yahoo!JAPAN IDのログインが必要です。

そして、通知が出て15〜30分もすると、本当に雨が降り出すのです!
この精度の高さには、ビックリです。

IMG 6862

雨雲の動きを詳しく知りたいときは、「雨雲ズームレーダー」です。
画面下の時間を動かすと雨雲の動きがアニメーションで表示され、天気の崩れる様子がよく判ります。
IMG_6984

夕立やゲリラ豪雨回避に有効な手段になると思いますね。
あと、洗濯物の取り込みにも効果的だと思いますよ。

使えるポイント2
天気予報のプッシュ通知で、出勤前に天気を確認

朝の時間帯に、当日の天気予報を通知するように設定しておくと、携帯に天気が届きます。

[メニュー] ー [アプリの設定] ー [プッシュ通知設定] で設定できます。
この設定画面では、朝の7時30分と夜の20時に、天気の通知が来るように設定を指定してます。
IMG 6881

「朝テレビをつけたら、天気の表示があるじゃないの?」と言われると思いますが、私の生活スタイルとして朝のテレビはあまり見ません。
明らかに情報密度が薄すぎます。
情報バラエティに特化してて、15分も見れば十分です。

朝の貴重な時間を、ドラマの番宣絡みの芸能情報で埋めるのはもったいないと思ってます。
出勤までの残り時間は、ネットでの情報収集や録画済みのビデオを消化してますね。

そういう生活をしてるわけなので、携帯電話に天気を届けてくれるというのは非常に役に立つと感じるのです。

使えるポイント3
起動せずにバッジ表示から「降水確率」を確認

(追記:2017/10/11)

悲報です。
Yahoo!天気の使えるポイントとして取り上げた「バッジ機能」が提供終了となりました。

バッジ禁止の理由

理由は、バッジが「iOSのガイドラインに反する」ということ。

確かに、バッチは「アプリ」からの通知のために使う機能。
通知とは、未読メールがありますよとか、お知らせが来ましたとかそういうもの。

ユーザーは、アイコン右上に表示された「赤いバッチ」を消すため、「通知」を確認するというモチベーションをかき立てるように設計されています。
UI・UX設計の話ですね。

最高温度や降水確率の「数値」を表示させるというのは、ガイドライン上おかしいというわけです。

なにせ、いくらアプリを操作しても、バッチの表示が消せない訳ですから。

便利だった機能だけに、この「改悪」は残念。

▼詳しい内容は以下のページにも説明があります。

カミアプ
「【悲報】バッジを使った「降水確率」や「通信量表示」などの表示が今後利用不可に」

メールの未読件数としてだけでなく、降水確率や残り通信量などをバッジで表示してくれるアプリって便利でしたが、どうやら今後は使えなくなりそうです。


さっき通知機能で、今日の天気を知ることができると言いました。

しかし、もっと簡単に天気を確認することが出来るのです。
(正確には「雨が降るかどうか」)

下の写真を見てください。
「Yahoo!天気」の右上に(80)の文字が出ています。

これは、未読が80件あるわけでは無く、

「降水確率 80%」

と言う意味です。

これならアプリを起動しなくても、傘の必要性を判断することが出来ますね。

このバッジですが、カスタマイズをすることが出来ます。

設定の「バッジ設定」選んでください。
ここからで、バッジ表示の有無などを設定できます。

内容を選ぶと、

「降水確率」
「最高気温」
「現在の気温」

の3つから選ぶことが出来ます。

こちらは、ご自身のスタイルに合わせて設定していただけたらよろしいかと思います。

管理人はちく(@hachiku_89)のまとめ

管理人はちくが、今一番使えると思う天気アプリを紹介してみました。

ダメダメ天気アプリが入ってるiPhoneを使ってる人たちには、一刻も早く「Yahoo!天気」に乗り換えてもらいたいと思います。

これから、台風シーズンやゲリラ豪雨がやってくると思いますので、 万全に備えましょう!

Yahoo!天気のダウンロードはコチラ ↓

高性能「雨雲レーダー」で雨の降り始めを予測・通知する無料の天気アプリ。必要な情報がひと目でわかり手軽な普段使い派にもオススメ。