【レーシック手術が激減!ピーク時の9分の1】レーシック経験者なので、体験後の感想を書いてみたい。

興味深い記事が上がってました。なんと。

レーシック手術が激減! ピーク時の9分の1 なぜ?

視力を矯正できると人気のレーシック手術の件数が、6年で9分の1に激減している。その真相は――。

記事中では、レーシックを「確立した術式」して紹介しており、いたずらにレーシック手術の危険性を煽るものではなく、経済的な障壁の高さなどから、減少してきたのではないかという分析に落ち着いていました。

長期的に見ると、需要に対して経済性と安全性のバランスが、こんな感じで落ち着いてくるわけですね。

値段ついては、使用する機材をドンドン高性能化することで、高値を維持してる感じですし。
今以上の価格破壊が起こることはないでしょう。


わたくし、レーシックを経験して10年ぐらいなると思いますが、その感想を書いてみたいと思います。

ハロー・グレアには悩まされた

よくある副作用として、光が眩しく見えてしまうハローですが、私の場合はこれが現れてしまいましたね。

術前と比較して、確かに眩しく感じるようになりました。

とは言え、生活や車の運転で支障をきたす程でもなく、そういう感じが強いと思う程度です。

術後2、3年の話で、今ではまったく支障なく生活出来ており、困ることは無いです。

ドライアイ

これも、よく言われる副作用の一つです。

これに不便に感じたのは、術後半年くらいの間でした。
目がしょぼしょぼしてました。

今、そんな症状は無いですね。

レーシックを受けたメリット

ここまでは、私の目に起こった副作用を書いてみましたが、メリットについても書いてみたいと思います。

コンタクトレンズの全ての煩わしさに開放されました。

 コンタクトレンズの購入
 コンタクトレンズの消耗品の購入
 毎日のコンタクトレンズの洗浄
 就寝時のコンタクトレンズの取り外し
 旅行時のコンタクトレンズの持ち運び

これらをしなくて良くなった開放感というのは、画期的でした。

しかも、私の時代はコンタクトレンズを加熱殺菌してたので、コンセントに突っ込む機械を持ち歩く経験していたし、それらが無くなったのは楽。lens

メガネやサングラスを楽しめる

度が入ってないメガネやサングラスを選ぶことができるので、メガネを使っていた頃よりも気軽に考える事が出来ます。

レーシック体験者のこれからの10年を考える

20代後半で受けたので、もう10年経つかどうかですが、経済的な観点からは、十分すぎるほど元は取れていますね。

あとは、これから迎えるであろう「老眼」が、結構キツく出てこないかが心配ではあります。

また、目の疲れが酷くなりました。
PC操作もそう長時間やり続けるのが、キツく思うようになりました。

一つしか無い体なので大切に使っていきたいですね。

カラダが資本

頼れるものがない今、最近はこの言葉に身をつまされる思いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク