NHK「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」は、私が楽しみにしてる番組なので、おすすめしたい。

達人達が見ている景色、お見せします。
異なる分野で活躍する2人の“達人”が出会い、語り合う。ただし、単なる対談番組ではありません。
番組の前半と後半でゲストとインタビュアーを「スイッチ」しながら、それぞれの「仕事の極意」
について語り合い、発見し合う、いわばクロス×インタビューです。

NHKホームページより

達人達が見ている景色、お見せします。

最近、私が楽しみにしている番組を紹介したいと思います。

人物密着ドキュメンタリーが結構好きで、番組名を上げると

プロフェッショナル仕事の流儀

情熱大陸

夢の扉

とかを、きちんと録画して欠かさず熱心に見てました。


そんな中、マイヒットしてるのが、このSWITCHインタビューという番組です。
この番組がユニークなのは、異なる分野の達人が二人の対談番組なんですね。
普通だったら、MCが居て、適当なテーマを出して、話(番組)を盛り上げるのですが、そういう人物は一切登場しません。

聞き手と語り手を入れ替わりながら、二人だけで話を深めていく。
異なる分野なのに、達人同士では相通じるところがあって、 会話の中から絶妙な化学反応が生まれる。

この両者が一致する瞬間が楽しみでいつも観ているのです。

これまで面白かった回

羽田圭介×若林正恭

30歳になったばかりの芥川賞作家・羽田圭介さんと、筋金入りの読書家・文学...

唐沢寿明×中村頼永

社会派ドラマから時代劇まで、あらゆる作品の「顔」となってきた名優・唐沢寿明さん。...

パティシエ小山進×ベネチアングラス土田康彦

1月16日放送の『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』(NHKEテレ 毎週土曜22時)に、パティシエの小山進(51)とベネチアンガラス作家の土田康彦(46)が出演する。同番組は、異なる分野で活躍する2人の達人が出会い語りあうだけでなく、番組の前半と後半で話し手・聞き手を逆転するクロスインタビュー。

この他にも、たくさん視聴していたのですが、その中で印象深く残ったものすぐに出てきたものを並べてみました。

特に、3番めに上げた、「小山進☓土屋康彦」の回は、天才同士のみが共感しあう点というのを、語り合ってて良かったですね。

羽田圭介×若林正恭」の回は、また近々アンコール放送があるようですので、是非観て欲しいと思います。
この回は、お互いの特異さが目立ってて、そこの組み合わさり具合が面白かったですね。

アンコール「羽田圭介×若林正恭」
http://www4.nhk.or.jp/switch-int/x/2016-03-16/31/23901/2037097/

ということで、オススメのテレビ番組でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク