【すき家】期間限定「さんま牛」さんまの蒲焼きが柔らかくてビックリ!

こんにちわ。管理人のはちく(@hachiku_89)です。

食欲の秋。

秋の味覚。それは、

「秋刀魚(さんま)」

すき家で、9月6日より「さんまの蒲焼き」を使った新メニューが登場したのでレビューです! 

スポンサーリンク

外観

お店の外にあるポスター

「さんま蒲焼き丼」と「さんま牛」
(このほかにも、ネギ玉さんま牛があります)

「牛丼の具」が有無で、100円アップという計算です。

特盛りになると

さんまが二枚!

これが、お得なのか確かめたいと思います。

Sanmagyu 1

メニュー

店内のメニューはこちら。
表紙に取り上げられていますね。

じっくりと秘伝のタレで三度の付け焼き

手間を掛けた、三度焼きの威力を後ほど味わうことに。

Sanmagyu 2

さんま牛 特盛 930円

特盛!
二枚のさんまの蒲焼きが乗っております!

さんまの開きが大きい!
なかなかの迫力。

Sanmagyu 3

大きさも特盛丼の直径に相当。

Sanmagyu 4

一緒に付いてきた、「大根おろし」

店内ですりおろしたとありましたが、事前に冷蔵庫に入れてあったようでキンキンに冷えてます。
冷たい大根おろし、マイルドな辛味になって意外と良かったです。

Sanmagyu 5

「さんしょう」 ひとつ付いてきました

二枚もさんまがあるのですから、特盛には「2個」を付けて欲しかった・・・。
(言えばもらえたかな?)

Sanmagyu 15

気になっていたのは、さんまの小骨

裏返したところ、しっかりと骨が付いたまま。

これ、骨ごと食べられるやつなの?

骨を口から出すような事があれば、食事の邪魔。
ちょっと心配。

Sanmagyu 7

一口分を贅沢に大きめに分割して頂きます!

圧倒的な柔らかさ!
そして、蒲焼きとしての完成度の高さに驚きです。

甘めのタレがしっかりと染みこんで、こってりとした味わいを楽しめます。
焦げた香りも残っており、一層蒲焼きらしさを出しててスゴイ! 

フェイク物と思うところがありましたが、これはアリ!

あと、心配していた「小骨」

はい、杞憂でした。

口や喉に刺さること無く、煮魚の骨のようにむしゃむしゃ食べられます。
こいつは、良質なカルシウム補給になるでしょう。 

きっと骨まで食べれるよう、事前に加熱処理されてるはず。

Sanmagyu 10

大根おろしを乗せて頂く。

この食べ方、オススメです!

蒲焼きの味が濃いと感じてきます。(特に二枚もあると)
大根おろしと一緒に食べることで、おろしの辛味とタレの甘みがうまく調和し、スッキリした味に変わります。

Sanmagyu 11

牛丼の具が乗った「さんま牛」

牛丼の具は、「ちょっと少ないよ(オコ)」というのがホンネ。
あくまでも主役を邪魔しない位置づけ。

いつもの味を少しだけ楽しみたいという人向けかも。

私としては、牛丼ミニを頼んだ方が 幸福度は高いかなー。

Sanmagyu 14

「さんしょう」をかけてみました。

鼻に抜ける香りある香辛料。
使う事で、よりウナギっぽくなって本物に近づきます。

Sanmagyu 16

管理人はちく(@hachiku_89)のまとめ

さんま牛 完食!

特盛ということで、二枚の蒲焼きを味わえました。

蒲焼きはタレの甘みが強いため、後半は「さんしょう」や「一味唐辛子」の投入が欠かせないでしょう。

蒲焼きの完成度の高さには驚き!
焦げた風味は、うなぎの蒲焼きとそっくり。
さんま特有の小骨も気にせずに、食べちゃえます!

注意として、これを「秋の味覚 さんま」として期待すると、ちょっと悲しい思いをするかも。

出てくるさんまは、身に「脂が乗った」ものではなくなってるのです。

身がパサついている訳では無いですが、オイリーさは少なめ。
それを引き替えにして、三度付けのタレの味を染みこませているという算段。

期間限定ではありますが、面白い丼をいただけました。
おいしかったです。

▼すき家 さんま蒲焼き丼のお知らせ

すき家の新着情報を掲載しています。

Sanmagyu 18