【GARAM ガラム】渡辺通の行列が出来る絶品カレー ガチなカレーを列んで喰え!

こんにちわ。管理人のはちく(@hachiku_89)です。

今回は、行列が出来るカレー屋さんとして有名な渡辺通にある「GARAM(ガラム)」さんへ行ってきました。

スポンサーリンク

外観

渡辺通といっても、大通り沿いでは無く1本路地に入ったところに、GARAMはあります。

到着したところ、やっぱり評判通り行列が出来てます。
ちょうど、平日12時40分。

私の前には、6名ほどのお客さんが店外で列を作っていました。  Garam 1

カンバンは、ものすごくシック。
派手な感じは無いですが、隠れ家感がカレー通の好奇心を刺激します。Garam 3

入り口には、注意書きがありますので、まず確認。
大切な掟です。

そのほかにも行列が長くなるとビルの出入り口を空けて列ぶようになってますので、ご注意を。
Garam 7

店内

行列から、ひとりずつ店内に吸い込まれていきます。
そんな、繰り返しをしているうちにやっと入店できました。

ちょうど時間は、13時15分。
待ち時間35分!

でも、店内に入れば、その待ち時間の疲れも吹き飛びます。

いよいよ待望のカレーが食べれるのですから。

店内は、カウンター席が6席のみ。
狭い店内で、マスターひとりで切り盛りしてるので、これがベストバランスかもしれません。 Garam 12

Garam 10

メニュー

メニューは、このボード。

チキン 800円
キーマ 850円
ガラム(激辛) 850円

マッシュポテト 50円
オニオンアチャール 50円
ライス大盛り +100円

選択肢は、3つ。
まず、激辛ガラム。
店名と同じということで、気になるものの激辛汗だく必至のため避けたい。

残ったのはチキンとキーマ。
キーマではスープを楽しめない。

そうなると、残ったチキンをオーダーすることに。 

消極的な動機を元に消去法で選んだものの、

「ここまでの人気店なんだから、どれ食ってもハズレは無い」

という当たり前の結論に至りました。

Garam 9

チキン(大盛) 800円

マスターがキッチン内を手際よくテキパキと働く仕事ぶりを拝見しながら、配膳を待ちます。

遂に「チキン」が到着!

ライスプレートとカレーボウルの組み合わせ。
ライスの隅には、黄色いマッシュポテトが添えられています。Garam 14

チキンカレーは、大きな手羽元チキンが二本、これでもかという存在感でスープに浸かっています!

見るところ、北海道のスープカレーのようです。
しかし、チキン以外は入っていない模様。

それ以外の具材は、既にスープに溶けこんでいるのか、見当たりません。
香り付けのローリエが一枚入ってるのは確認できました。 Garam 15

スープを頂く

ひとくち飲んでみて、ものすごく親しみのある味。
家庭で出てくるカレースープの一段上という感じで、美味しさが分かりやすい。

昨今のカレーブームに乗って、「多種多様のスパイスを織り交ぜ、技巧を凝らした渾身の一杯」みたいな、ややこしい代物では無いですね。

誰でも分かる、「カレーの旨さと味の違い」
これが、このカレースープのポイント。 

そこに絞り込んだのは、とてもスゴいことだと思うんです。
だから、多くの人に響くんでしょう。 Garam 16

手羽元チキンを、ライスに乗っけます。
スプーンをナイフのように使って、身をほぐす。

予想してましたが、この鶏肉のほろほろ具合!
力を加えずに、簡単に身と骨が分かれます。 

この柔らかさは、長時間煮込まれている証拠にほかなりません。

Garam 19

固く炊いたご飯とほぐれた鶏肉を一緒にして頂きます。

これは・・・美味い。

長時間煮込まれた鶏肉はぜんぜん身が固くなってないし、カレースパイスの風味がしっかりと効いてます。

固く炊かれたご飯は粘度が抑えてあるので、米粒の間にはスープカレーが深く染みこんでいきます。
非常によく馴染みます。

まさにインド風のカレーです。 

Garam 20

チキンは二本しかありません。

二本目のチキン、もったいなさもありますが、

食べるぞ!

Garam 23

添え物のマッシュポテト

非常に特徴的なマッシュポテト。

ペーストでは無いので、粒大の芋感が存分に味わえるのです。
サフランで色づけをしてるようです。

このマッシュポテトは、追加で頼むべきでした。
うまし。
もっと食べたい!

Garam 18

自家製ラッシー

食べ終える頃に、マスターが「自家製ラッシー」をショットグラスに入れて出してくれます。

自家製だけあって、ところどころにヨーグルトの粒が残ってたりするのですが、それがイイ!

ラッシーの味は、結構甘め。
しっかりした甘さで、カレーで火照った舌を優しくクールダウン。Garam 25

管理人はちく(@hachiku_89)のまとめ

今回、入店まで35分待ち。
大人気の「GARAM」のカレーを頂きました。

食べて思ったのは、この味だったら人気があって当然。

カレー初心者大歓迎なスパイスバランス。 
マスターの丁寧な接客 
ご飯、マッシュドポテト、ラッシー。カレー以外の素材にも深いこだわり。

ガラム(激辛)は、スパイスをふんだんに使ったカレーとのこと。
次はこれを試したい。
もっとこだわりがあるカレーに出会えるような気がします。

そうやって、皆カレー道にハマっていくんでしょうね。

美味しいカレーでした。
ごちそうさまでした! 

Garam 27

店名GARAM (ガラム)
TEL-
住所福岡県福岡市中央区高砂1-7-4
営業時間[月・火・木・金・土・祝]
12:00~14:15 オーダーストップ。なくなり次第終了
18:30~21:00 オーダーストップ
定休日日曜・水曜