『36ムーカタ・トーン』で初めてタイ風焼肉を食べる

BTSオンヌット駅から徒歩5分と近い立地にあるタイ風焼肉レストラン「36ムーカタ・トーン」に行って来ました。
大通り沿いだったので、とてもわかりやすく迷わなかったです。

s-DSC06623

豚の看板がかわいいですね。
s-DSC06624

店内

店内というか・・・ほぼテントです。
s-DSC06631 s-DSC06632

手持ちのガイドブックに「空調の効いたVIPルームがある」と書いてあったので、店員さんに訊いてみたものの反応悪し。
店内を見回したけど、どうもそんなのは無さそう・・・
ここはあきらめてテント下の普通席にすわりました。

食べてみる

店員さんに焼肉とビールをオーダー。ここはお肉食べ放題のお店です。
まもなく目の前に鍋がセットされます。
s-DSC06625
電熱器の電気コンロに、ジンギスカン鍋のような鍋が乗ります。
半球部分には穴がぽつぽつ空いてて、汁が抜けないか心配になります。
お堀の部分にはスープが注がれました。
ユニークです。

驚いていても何なので、中央のテーブルから肉や食材を取ってきました。

牛肉を食べたかったのですが、豚の肉の種類が多く牛肉はそれほど無かったです。
どーも豚がメインということで、看板の豚マークの意味が理解できました。

肉はほとんどタレ漬けでした。理由は食べ進めるうちに判ってきました。
s-DSC06626

つけダレと野菜・はるさめです。
つけダレは、何種類かありましたが、一番辛く無さそうな「ごまだれ」をチョイスしました。
s-DSC06627

実際に焼いてみます。
s-DSC06628 s-DSC06629 s-DSC06630
肉の漬けだれが甘辛くて焼いてアブラが落ちるとちょうど良い味になります。
それほど濃い味では無いのでどんどん箸が進みます。

周りを見るとスープのところを鍋として使っていたのでマネしてみることに。
s-DSC06635
持ってきていた野菜・はるさめ、それにつくねなどの練り物をお堀のスープにつけこみます。
スープは肉の味とブレンドされて、一段とおいしくなっています。

焼肉とミニ鍋、両方楽しめる「タイ風焼肉 ムーカタ」 面白かったです。

食べ終える頃、奥のステージでライブが始まりました。
タイ特有ののどかな雰囲気を感じました。
s-DSC06633


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク