タイ航空 ビジネスクラス(TG217 バンコク スワンナプーム – プーケット)

さきほどのロイヤルシルクラウンジでくつろいでいるとプーケットへの出発時刻になりました。
スワンナプーム空港 タイ航空 ロイヤルシルクラウンジ

s-DSC06243
搭乗客を見渡すと、白人しかもカップルが多くリゾート路線であることがうかがい知れます。

s-DSC06248
ボーディングブリッジは無く、バスで沖の駐機場へ向かうようです。

s-DSC06249 s-DSC06251 s-DSC06258
タラップで搭乗すると、飛行機をマジマジと眺めることができるので、それほど嫌いではないです。
エンジンはロールスロイス製で、フィン?ブレード?が規則正しく整列してるところは見てても飽きないですね。

s-DSC06264 s-DSC06263 s-DSC06261 s-DSC06260 s-DSC06262
s-DSC06266

ビジネスクラスの席は、シェル型のようでした。
席の埋まり具合も順調で、さっき居たロイヤルシルクラウンジで見かけた方も、ちらほらいらっしゃいました。

s-DSC06268 s-DSC06269
いつもなら、おまちかねの機内食ですが、今回はバンコクへのファーストクラスの食事で既に空腹は満たされていたので、それほど期待はしておりませんでした。

胸肉にペーストを挟んでソテーした料理でした。
肉はおいしかったのですが、付け合わせの野菜が鮮度が落ちてて歯ごたえが良くないという印象をもちました。

これもそんなものかなと受け止めるしか無いですね。


s-DSC06273
1時間30分の短いフライトを終え、プーケット空港に到着です。
キモ可愛いイラストがお迎えしてくれました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク