タイ料理 イムちゃん(バンコク プロンポン)

BTSプロンポン駅を降りて直ぐにあるタイ料理屋さんです。
店名からは経営者がkorean系かなと思いましたが、従業員を見るとローカルな人ばかりで、現地の食堂という感じを受けました。

お客さんは日本語の看板もあることから多くの日本人が利用しているようでしたし、欧米人も居ました。


駅の近くだった事もあり、夕食を食べに行ってみました。
s-DSC06665 s-DSC06661 s-DSC06662

日本語の看板。
私はタイ語が全く読めないので、メニュー選びで冒険せずに済みます。

s-DSC06663

s-DSC06664


早速テーブルに座って、日本語付きメニューをもらいます。
屋外のテーブルしかないので、テラスもとい屋台風ですね。
タイの外食では、ほとんどそういうものです。

s-DSC06649 s-DSC06650 s-DSC06651

メニューから、コーラと次の3品を注文しました。

■スパゲッティのシーフードバジル炒め(60バーツ)
s-DSC06660

■鶏肉とカシューナッツ炒め(120バーツ)
s-DSC06659

■揚げ春巻き(50バーツ)
s-DSC06657

出来上がりにちょっと時間がかかった気もしますが、スクンビット駅からの帰宅ラッシュを横目に眺めて人間観察しながら時間を潰すことが出来ました。

料理到着

■スパゲッティのシーフードバジル炒め(60バーツ)
ちゃんとバジルの風味が生きてて、美味しいと思いました。
ヤングコーンが大好きなのですが、入っていたヤングコーンは熟しすぎていたのと品種的にも甘くないものでした。
この時は日本の野菜は美味しいんだなと思い出してみたり。

s-DSC06654
■鶏肉とカシューナッツ炒め(120バーツ)
こちらも残念なヤングコーン入りです。
中華料理でしたが、鶏肉も揚げてありしっかりと料理されていました。
これも口に合いました!
s-DSC06652
■揚げ春巻き(50バーツ)
これは、ど安定の料理です。
実は保険的な意味合いで注文してたのですが、先ほどの2つが良かったので必要なかったかもと思いました。
チリソースに砕いたナッツが入ってるのが、特徴的ですね。
s-DSC06658

占めて、『230バーツ + コーラ代 』の夕食でした。
1バーツ=3.7円で計算すると、230バーツは851円。
日本よりも安いとはいえ、それほど割安では無いですね。
円の弱さを痛感します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク