私はこう読む【任天堂、ジェスネットの子会社化・アジオカからゲーム卸事業譲受を発表】

こんにちは。管理人のはちく(@hachiku_89)です。

昨日ですが、こんなニュースを見つけました。

まぁ、一般のゲームファンからしたら、なんの事かさっぱりしょうが・・・。

私の感想は、こちらでしたね。↓↓↓

前向きな見方をすると、下流(物流関連)を取り込んで、一体感を持って取り組みましょうとうアピールではあります。

任天堂の商品は年末集中型なので、年末商戦に向けて自社倉庫や貸し倉庫に貯めこんで貯めこんで放出するという特徴があります
倉庫機能や物流機能のアウトソースを兼ねて購入したかもしれませんね。

あとは、商流維持。
一度切れてしまうと、取り扱ってもらえなくなりますし、援助が必要だったんでしょう。

一方、ジェスネットやアジオカは問屋さんで商品を買ってくれるお客さんだったわけです。
そっちを抱え込むとなると、商品を押し込むなんてことも考えられるかも・・・。(悪名高い抱き合わせ販売が復活するか?)

また、任天堂としてはスマホゲーシフトの瀬戸際で、このタイミングでコンシューマビジネスに敢えて投資(46億円)をするのは、ちょっとわからないところです。

任天堂の社風としては、巨大化を嫌う部分があったんですけどね。

いずれにせよ、来年の「NX」の準備には変わりないので、気合が入ってるということでしょう。

☆☆☆ 絶賛フォロワー大募集中です。 ☆☆☆
↓↓↓よかったら下のボタンのクリックをお願いします。 ↓↓↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク