【京都勝牛 天神西通り】柔らか牛カツをいろんな味わいで楽しみました。

こんにちわ。管理人のはちく(@hachiku_89)です。

とうとう福岡市にも、「京都勝牛」が上陸です。
北九州の方では5月にオープンしていたようですが、福岡市でもいよいよやって来ました。

去年、東京で牛カツを食べてから、ずっと遠ざかっており、久々にまた味わえるので胸が踊ります。
(参考:豚カツの時代は終了です。『牛かつ もと村 浜松町店』で牛かつをはじめて味わう

今回は、オープン当日のランチタイム12時に訪問してきました。

店舗

天神西通りの中心区と言ったら良いでしょうか、近くには観光客に大人気のラーメン店「一蘭」もあり多くの人が通るど真ん中です。

ちょうど、今ビルの工事をしているようで、見た目が足場のせいで、かなりごちゃごちゃしてます。
ここから、地下に降りていきます。
IMG 7092

店内

やはりオープン当日だけあって、満席。
1人で訪問したので、カウンター席に空いた一席にどうにか座らせてもらいました。

テーブル席が多めで、カウンター席は奥の大テーブルを使う形ですね。

左側の「つなぎ団子の提灯」は、京都のやけくそ感を出しててウケます。
照明器具としては、使わないんですよね笑
祇園の「都をどり」の時期になると、装飾として街中によく見かけるものです。

IMG 7117

IMG 7102

席からは、キッチンの様子がノゾケます。
オープン当初だけあって、ホールスタッフが多めに投入されている模様。IMG 7103

IMG 7104

ごはんジャーを見つけました。

ご飯のおかわりが無料で出来るのですが、これは店員さんがご飯をよそう為のもの。
お茶碗を渡すと、このジャーからご飯をよそって持ってきてくれます。

自分でつぎに行く、よくある定食屋(やよい亭とか)形式ではないということです。IMG 7107

壁には、おしながきと牛カツの召し上がり方が書いてありました。
でも、手元のメニューのほうが詳しく書いてあるんですよね。IMG 7101

メニュー

テーブルには、メニューがありましたので、じっくりと観察です。

■メニュー
ちょっとオシャレです。
IMG 7093

「京都発、和の牛カツ」
私が京都に居た2年前には無かったので、最近急拡大してるお店ですね。

「60秒で揚がります。」
この店内の混雑具合を見てるので、素早い提供に期待したいところです。IMG 7096

牛カツの種類は

・特選牛ロースカツ京玉膳
・特選牛ロースカツ京とろろ膳
・特選牛ロースカツ膳

の3つに分かれてます。

それにしても、このメニューは一瞬見ただけではわかりにくい。
理由は簡単で、「先に高いメニューを書き、次第に安いメニューを書いてあるから

普通は、並から上、特上という書き方をして、加点要素を説明していくものです。
そんなこともあり、店員さんに話を聞きながら、選びました。

注文したのはこちら。

「 特選牛ロースカツ京玉膳」(130g) 1380円(税別)

IMG 7094

こちらのメニューの牛カツは、「黒毛」や「サーロイン」の高級牛カツ。
高い・・・。
ランチタイムに、コレを注文できるほど景気良くないっす。IMG 7095

IMG 7097

卓上

目の前には、牛カツの美味しい食べ方を説明したプレートがありました。
外国人観光客を意識して、初めから日/米/韓の3ヶ国語表示。

IMG 7099

食べ方としては、6通り

1.わさび醤油
2.山椒塩
3.牛カツソース
4.カレーつけ汁
5.京トロロ
6.締めはご飯で贅沢に

京トロロについては、トロロを注文してないと試せないんです(泣)

これをみて、牛カツにカレーが付くというのが驚きでした。IMG 7100

卓上の調味料です。

こちらも、調味料については、英語表記がちゃんと記してあります。
でも、ドレッシング(左端の四角の瓶)には、説明シールがついてないです。
今後に期待です。
IMG 7098

「牛カツソース」「だし醤油」 IMG 7105

「すりごま」「七味」IMG 7106

特選牛ロースカツ京玉膳(130g) 1380円

到着しました。
130gを注文したので、牛カツが小さいかもと心配をしていましたが、十分な量。
しかも、細かく切ってあります。

ご飯、赤だし、キャベツはおかわり自由と、とんかつ屋さんの流儀はここでも通用します。 IMG 7108

ひとくち目は、何も付けずにそのまま味わいます。

柔らかーーい
やはり牛にしか出せない、この柔らかさ。
豚ではダメなんですよ。ほんと。

衣もほどほどの厚さで余計な食感を出さずにいい具合です。
油もさっぱりしてて、キレがありますね。

わさびを付けて食べるともっと爽快感が増して、肉の旨味に変化をつけて味わえます。

IMG 7109

だし醤油にひたして、頂きます。
これもさっぱりした味わいになり美味しいです。IMG 7110

では、通常版との違いである「京玉」にひたして食べます。

温泉卵のように、かなりの半熟状態。
IMG 7111

牛カツをドボン。

卵黄にタップリ絡めて食べるのが、正解ですね。
玉子の甘さと肉とよく合います。
IMG 7112

締めです。フィナーレです。

見栄えよく写真を取るために、カレーを掛けた後に牛カツを載せます。

こうやって食べると、カツカレーには違いないですが、牛カツということで全く別ですね。
これもあっという間に、胃袋にかきこんでしまいました !

IMG 7115

まとめ

久々に食べた「牛カツ」、やはり最高でした。

いくつか気になる点があって。。。

自分の思ってる「牛カツ」と比べて今回のはちょっと火が入りすぎかなと思いました。
それでも柔らかくて味わいが落ちるほどの程度ではないのですが、レア気味でも食べれることこそが、「牛カツ」の醍醐味だと思います。

あと、多彩な食べ方を提案するのも良いのですが、まとまりが無いと食べながら思いました。
牛カツはシンプルでも美味しいはずですので、いろんなソーストッピングを重ねていくというのは、モヤッとしてます。

あと、注文してから20分程度して配膳されました。
もちろん私が行ったのが、オープン当日なので、今の時点でこの点をあげつらうのは全くフェアじゃないと思いますが、ランチタイムに20分も待ちが発生するのは、ツライ。
メニューに「60秒で揚がる」とあるので、残りの時間はどうなってるの?と思ってしまうのです。
いずれにせよ、時間が経てば解消することではあるとは思います。

あと、一番気になるのが、価格帯。
一人あたり1300円程度になりますが、これは「高い」。エクスペンシブです。
この価格帯で勝負するなら、絶対に博多駅にお店を出したほうが良いと思いました。


全体として、このようにいろいろと感じる部分もあったのですが、牛カツの味自体は美味しく、やみつきになりそうで、また食べたいと思います。
また、ハレの日にでも訪問してみたいですね!
店を出るときは、「おおきに~」と言ってもらえ、久々に関西の雰囲気を感じてお店を出ました。

IMG 7116

店名京都勝牛 天神西通り
TEL092-751-6655
住所福岡県福岡市中央区大名1-12-61 新天ビル B1F
営業時間11:00~23:00
(LO22:30)
定休日無し

☆☆☆ 絶賛フォロワー大募集中です。 ☆☆☆
↓↓↓よかったら下のボタンのクリックをお願いします。 ↓↓↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク