【書評】贈り物に最適な一冊!「人生はワンチャンス!- 「仕事」も「遊び」も楽しくなる65の方法」

こんにちわ。管理人のはちく(@hachiku_89)です。

今回の書評は、「夢をかなえるゾウ」に引き続き『水野敬也』氏の本を再び取り上げたいと思います。

今回の本は、ちまたの名言集とは、ひと味も違いすぎてて戸惑いを感じるはずです。

なんと、偉人の名言と「いぬ」!

かわいいワンちゃんの写真とセットに、テーマに沿って偉人のエピソードや格言が3つほど書いてあるのです。

このワンコの写真があるだけで、古臭そうな格言・名言集の本だったのが、アニマル系「癒され」本に変化するのです。

この企画は好評だったようで、かわいい動物+名言でシリーズ化して発刊されています。

人生はニャンとかなる!-明日に幸福をまねく68の方法

人生はZOOっと楽しい!-毎日がとことん楽しくなる65の方法

こう書くと、軟派で得るものが無いのではないかと気になりがちですが、中身は全く遜色ないものです。
むしろ、読みやすさに拍車がかかりますね。

熱心にマークを付けながら、読破しました。

しかも、この本は細かく区切って章立てしてあり、軽快にページをめくることが出来るので、あまりこの手の本に馴染みがない人にこそ、手にとってもらいたいと思います。


他人からの視線

人の目が気になって、自分らしさを押さえ込んでしまってませんか。

人の言うことは気にするな。「こうすれば、ああ言われるだろう……」こんなくだらない感情のせいで、どれだけの人がやりたいこともできずに死んでいくのだろう。
[ ジョン・レノン ]イギリスのミュージシャン

他人の期待に耳を傾けないことだ。あなたはあなた自身の人生を生き、自分自身の期待に応えるべきである。
[ タイガー・ウッズ ]

不幸だと思ったときに

不幸の真っ只中は、視野が狭くなるものです。
じっと時が過ぎるのを待ったり、逆境から得るものをさがしてみたりと不幸のやり過ごし方を教えてくれます。

不遇はナイフのようなものだ。ナイフの刃をつかむと手を切るが、把手をつかめば役に立つ。
[ ハーマン・メルヴィル ]米国の小説家

わるい時がすぎれば、よい時は必ず来る。おしなべて、事を成す人は、必ず時の来るを待つ。
[ 松下幸之助 ]松下電器創業者

待つのも仕事
[大石内蔵助]赤穂藩家老
何もしていないと不安になってしまうこともありますが、「じっと待つ」ことが一番必要とされる状況もあるのです。

チャンスの活かし方

やっと掴んだチャンス。
しっかりと、モノにするために名言です。

二つの矢を持つことなかれ。後の矢を頼みて初の矢になおざりの心あり。
[ 吉田兼好 ]鎌倉末期の歌人・随筆家

機会を待て。だがけっして時を待つな。
[ ヴィルヘルム・ミュラー ]ドイツの詩人

心配ならば私達は行動を起こすべきであって、憂鬱になるべきではない。
[ カレン・ホーナイ ]ドイツの精神分析家

最後まで諦めない

先が見えなくなってしまったときに、役に立つ名言です。
絶望で落ちきった視線を、再び未来に向けてくれます。

全てが失われようとも、まだ未来が残っている。
[ クリスチャン・ボヴィー ]米国の作家・弁護士

もし、今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?
[ スティーブ・ジョブズ ]アップル社創業者

人間は、行動した後悔より、行動しなかった後悔の方が深く残る。
[ トーマス・ギロビッチ ]米国の心理学者

管理人はちく(@hachiku_89)のまとめ

ここまで名言をまとめていくと、さんまの「恋のから騒ぎ」のオープニングを思い出してしましました。
(今の若い子には通じないかも・・・。)

それと、名言をまとめる上で重要なのは、「誰が言ったか」というのが非常に大切だと思いました。
言葉を発した人物だからこそ、名言に奥行きと含蓄があるのです。

カラダの休息は横のなることで取ることができますが、ココロの回復にはこういう気持ちを支えてくれる名言が効くと思います。

こちらの本は購入もできますし、Kindle Unlimitedの会員になれば、このシリーズはすべて読めます。
金額を考えると買い揃えるぐらいなら、入会したほうがお得。
(Kindle Unlimitedの入会はこちら)

私も、一気に読破して、こころの元気を取り戻せた一冊でした。

私のおすすめは、プレゼント用の本として活用してもらいたいです。
この本は重苦しさが無くてライトな印象で贈る事ができ、もらう側も説教臭さを感じずに済むので、本当に良い一冊だと思いますよ。

☆☆☆ 絶賛フォロワー大募集中です。 ☆☆☆
↓↓↓よかったら下のボタンのクリックをお願いします。 ↓↓↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク