【iPS 山中伸弥教授】17年度の近大の卒業式スピーチの動画が良かった件(人間万事塞翁が馬)

こんにちわ。管理人のはちく(@hachiku_89)です。

これまでのブログを整備しているときに、

【書評】本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方  堀江貴文

で使った、ホリエモンの動画を見直していました。

「未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ。」

見終わり、ふと「近大、今年は誰がスピーチしたんだろう?」と気になり調べたところ、今年もいいスピーチだったので取り上げたいと思います。

スポンサーリンク

iPS細胞研究所 山中伸弥教授

ここに動画を張っておきます。

16分程度の動画ですが、話術が魅力的であっという間に見終えました。

動画見る時間無いよ。。。っていう方に

・外科医になったが怒られてばかりで、上司から「ジャマナカ」呼ばわり
・外科医から逃げるように、研究者へ転身。アメリカ留学を果たす
・日本に帰国するが、仕事はネズミの世話係
・イヤになり、高収入の外科医へ戻ろうと思い、居を構えるため土地購入を決意
・ 土地契約の日に、母親から止められる。そして他人に土地を買われてしまうことに。
・ 運命を感じ、研究者に戻り、iPSに出会いノーベル生理学医学賞を受賞

内容はこんなところです。

山中教授がスピーチの前半に話し始めたのは

「人間万事塞翁が馬」
(じんかんばんじさいおうがうま)

の逸話です。
塞翁が馬」の話は割愛しますが、その話を聞いた後に、教授の半生の話が続くわけです。
(塞翁が馬の説明は、こちらから)

教授の人生の話を聞いた上で、その「塞翁が馬」の話はより真実みを帯びてきます。

教授は「塞翁が馬があるので、人生は楽しい。良いことばかりではなく悪いことも起こる。塞翁が馬のことわざを思い出して欲しい」とスピーチをまとめました。


まぁ、きっとこの話を聞いてる卒業生には、まだまだ響かない話だと思います。

人生を重ね「いい年」となってくると自分の人生の中にもそういう場面もあったな。と振り替えれるところがあるのではないでしょうか。

管理人はちく(@hachiku_89)のまとめ

山中教授の経緯の話は「情熱大陸」などを見て知ってるところもあったのですが、本人が語る言葉というのはひと味違います。

私の人生も振り返ると、良いときと悪いときが交互に来てました。
今は、きっと「悪いとき」に入っているのでしょう。

「塞翁が馬」の逸話のように、私にもいつか「馬」がやってくると信じて「今を生きて」いこうと思いました。 



☆ 絶賛フォロワー大募集中です。 ☆
↓よかったら下のボタンのクリックをお願いします。 ↓

関連コンテンツ



スポンサーリンク

フォローする