【元長屋】福岡市民のソウルフード「長浜ラーメン」を天神地区で味わえる!みんな急げ〜!

こんにちわ。管理人のはちく(@hachiku_89)です。

あの福岡ラーメンの大人気店「元祖長浜屋」(いわゆる屋)
その支店が天神地区に出店したという情報が入りました。

その名は、

「元長屋」(がんながや)

元祖長浜屋の愛称「がんなが」をそのまま店名にしてしまったのです。

 

外観

お店に近づいて驚きましたよ。
外壁やカンバン、ここまで「元祖長浜屋」にそっくりにできているとは!

Gannagaya 1

 

券売機

この券売機も「元祖長浜屋」に置いてあるのと一緒(笑)

ラーメン 500円
替玉 100円
替肉 100円
焼酎 250円
酒 350円
瓶ビール 500円

メニューもまったく同じです。
再現性の高さがパネェ。

それにしても、この時代にラーメンがたった500円というのは嬉しいですね。 Gannagaya 2

 

店内

アルミの引き戸を開けて、店内に入店。
これも驚き。

全てが「元祖長浜屋」(屋)と同じ。 

Gannagaya 4

 

赤いカウンターに、相席前提の正方形テーブル。
お茶入り巨大ヤカンとプラスチックの茶飲み。 Gannagaya 6

Gannagaya 3

 

中央の機械は、「冷水」が出る給水機。
これも、見たことがあるやつや(笑)Gannagaya 7

 

メニュー

店内に掛かってあるメニュー板。
シンプルで味がある。Gannagaya 5

 

 

卓上調味料

これも見たことがある風景。
ほんと、そのままですよ。

タッパに入った大量の紅ショウガ。
すりゴマ。
小さなヤカンには替え玉追加時のラーメンタレ。 Gannagaya 11

 

ラーメン 500円

ラーメンは「べたなま」とコールしてオーダー。
アブラおおめ、麺は一番かたい」という、通には人気の注文。

長浜ラーメンの特徴として、サーブまでの時間が非常に短い。

激速で届いた、ラーメンを観察です。
バラ肉やネギが多めだなぁと小さな幸せをかみしめつつ、食べはじめました。Gannagaya 14

 

細麺の、低加水麺。
長浜ラーメンと言えば、この麺ですよ。

「なま」なので、麺の食感・ワシワシ感は強い。
Gannagaya 19

 

▼ コショウを少々。
長浜ラーメンのさっぱりしたスープなので、ちょっとだけコショウを入れます。 Gannagaya 22

 

バラ肉の味付けは、少し醤油が強いようでしょっぱい。
スープに沈めて、良い塩梅になるよう調整しました。

少しだけ厚い肉の様にも感じます。
(屋)同様に、もう少しボロ肉感が醸し出される物だと思ってましたが、今回はしっかりした肉。

Gannagaya 16

 

スープ

表面を覆う分厚い油膜。
こってり好きなので「べた」で正解です。

豚骨スープもサラリとした味で、ひとすすり毎にカラダ中に染み渡ります
スープも少しだけ塩味が強かったかな。

Gannagaya 23

 

替え玉

事前に買ってた食券を渡して、替え玉をオーダーです。

替え玉は小鍋に入って、店員さんがどんぶりにスライドイン。 Gannagaya 24

Gannagaya 25

 

ラーメンタレを追加

二杯目は、手元の小さなヤカンに入ったラーメンタレを使い、スープの味を調整します。
これは、他のラーメンでは出来ない面白いところ。

Gannagaya 26

 

せっかくの二杯目。
さらなる味変も楽しみましょう。
すりゴマや紅ショウガを思う存分いれちゃいますぞ。 Gannagaya 27

 

再訪(18年4月27日)

福岡ラーメンオタク界隈で、物議を呼んでいる「元長屋」
いろんな方のレビューを拝見すると、訪問者によって味の評価は様々のようです。

私も味ブレの可能性に言及してたので、約1ヶ月後。
元長屋、再訪です!

▼ 今回はお昼の訪問

 

前回同様、ベタナマでオーダー。
少しネギの量が減ったのが残念。(前回が多すぎたんだと思います。)

 

▼ 麺は、「なま」にも関わらず、小麦粉感少なめ低加水麺。
でも、しっかりモチッとした歯触りを感じさせてくれます。

 

▼ スープは、ベタが少なかった…。
もう少し脂のコクがあると思ってましたが。

今回の再訪目的はこれ。

バラ肉の仕上がりです。

初回は、醤油しょっぱい味付けになってたので、ひと月経ってどんな塩梅で落ち着いてくれてるか気に掛けてました。

今回も、肉の量は多め。
肝心の味を確かめます。

やっぱり塩辛い

ほかの取材記事などを読むと、狙いを持ってこの味にしてるらしいですが。
私は、受け入れがたい・・・。

結局、感想はこんな感じ。
私好みになっていれば・・・と思っていましたが、どうもこのバランスで固定される模様です。

 

管理人はちく(@hachiku_89)のまとめ

二杯目も美味しく完食!
もう一杯食べれちゃいますが、ここは我慢。
何杯もペロリと入る味なのが、長浜ラーメンの良さですね。

 

今回の元長屋のラーメン。
スープや肉が、少ししょっぱい傾向がありました。

新店舗と言うことで新しい味を模索してるのでしょう。
Gannagaya 30

 

今回は、「元長屋」が出来たことというのは非常に大きな事だと思うんですよ。
長浜地区まで行かないと味わえない福岡名物「長浜ラーメン」
地元民でもぶっちゃけ長浜地区の「元祖長浜屋」に行くのには、公共交通機関が無くて非常に不便でした。

 

あの長浜屋の味が、そっくりそのまま天神地区の真ん中で味わえるんですから、観光客の流れが変わるようなインパクトがあると個人的に思ってます。 

 

天神地区で長浜ラーメン系のお店となると、「赤のれん」「やまちゃん」と数少なめ。
強力なニューフェイスが出現し、面白い!

絶対、知名度が上がれば人気が出てくるお店ですので、早めにいけて良かったです。

あと、モーガンがあるか気になりますね。
(モーニングがんながのこと、いわゆる朝ラーですね。) 

 

元祖長浜屋、そのままの味を楽しめました。
美味しかったです。
ごちそうさまでした!

 

店名元祖ラーメン元長屋
TEL-
住所福岡県福岡市中央区今泉1-13-27
営業時間-
定休日-