【もつ鍋 響 大名店】レア牛肉盛り放題の「響丼」 福岡女子大行列の中、独男が肉山盛りにして食べてきた件

 

こんにちわ。管理人のはちく(@hachiku_89)です。

またもイナッキーさんのブログを参考に来店です。
http://fkman.blog16.fc2.com/blog-entry-3098.html

紹介されてたお店は

もつ鍋 響 大名店
「宮崎産有田牛盛り放題 響丼」

お肉乗せ放題ランチがあるそうなので、突撃して参りました。

今回の大量のお肉に出会い、幸せな肉活生活(=デブ活)がはかどる毎日です(泣)

 

外観

もつ鍋 響は、天神西通りを入ったところ。
餃子の「弐ノ弐」の隣。

Hibiki daimyo 40

 

ドンブリの事しか頭に無かったのですが、そもそももつ鍋の専門店なのでもつ鍋メニューがしっかりと有ります。
これは、夜用のメニューなので、ランチでは提供されません。

Hibiki daimyo 3

 

店先に、牛肉盛り放題「響丼」のポスターを見つけました。
A4用紙を継ぎ合わせてる手作り感が、なんとも。。。

Hibiki daimyo 2

 

簡単ですが、響丼のシステムが書いてあります。
詳しくは、後述させて頂きますね。

Hibiki daimyo 1

 

扉を開けて、踊り場には「HIBIKI」の可愛いイラスト。
この階段を上り詰めると、既に行列が・・・。

Hibiki daimyo 4

 

ランチ開始から行列

階段を上ると、2階が「もつ鍋 響」の店舗となっています。

はちくは、ランチタイム開始を目がけて飛び込んだのにもかかわらず、既に行列が出来ており待つ事に。

それにしても、行列に並んでいるのは女子ばかり。
しかも、若い子が多い。
まさに、肉食女子!(使い方が違う)

そんなスポットにオッサンが独りで来てしまい、かなりの気恥ずかしさ。

女子からの人気がある店なんだと、現地にて思い知りました。

店内

ランチタイム第一陣から食べ終える組が出てきだして、ようやく入店。
だいたい30分程度待ったと思います。

ビルの2階に位置する「響」の店内はかなりオシャレな空間。
天井が高く、内壁が石畳模様。

夜のもつ鍋を食べるにしても、オシャレなお店でハズレが無いですね。

Hibiki daimyo 10

 

窓の開口部が大きく、採光性バツグン。
明るすぎぃ。

Hibiki daimyo 32

 

右手側が、半個室のテーブル席。
左手側が、キッチンとバフェコーナーになっています。

Hibiki daimyo 11

メニュー

並んでる最中に、メニューが配られました。
ランチタイムは、「響丼」一択。

選ぶのは、ご飯の量と言うことになります。

 小:180g
 中:300g
 大:600g
メガ:800g

メガのご飯の量は、さすがに多い(笑)
現実的な選択肢は、「小」か「中」のどちらかですね。

Hibiki daimyo 5

 

入店してレジの下に、実際のドンブリが並べてありました。

小は、女性向けのお茶碗サイズ
中は、牛丼屋の並どんぶりサイズ

Hibiki daimyo 6

大は、ラーメンどんぶりサイズ
メガは、大鉢料理に使う器

絶対、大やメガは無理。
ご飯だけでも食い切れません。

「中サイズ」(1280円)を頼むことにしました。

来店してる女の子たちは、ほとんどが「小サイズ」を頼んでいたようです。
一緒に居た彼氏さんと思われる男性も、小や中を選んでたようでした。

Hibiki daimyo 7

 

レジで支払いが終わると、こんなカードをもらって席に戻ります。
席で待っていると、ドンブリを持ってきてくれました。

Hibiki daimyo 8

 

これが、中サイズのドンブリ。
表面には、タレが掛かっています。

肉が載せやすいように、ご飯はお山状に成形されています。
店員さんに誘導されて、お肉のバフェコーナーへ。

Hibiki daimyo 9

 

宮崎有田牛盛り放題「響丼」
作り方

トレーに乗せて、バフェコーナーに並びます。

Hibiki daimyo 18

 

丸い平皿とソース入れ。
箸とスプーンがあるので、取ります。Hibiki daimyo 17

 

お肉は2種類

待ちに待ったお肉のコーナー。
お肉は2種類用意されてました。

本日の部位は、「ランプ」「シックフランク(牛の内もも)」となっています。
部位は、日によって異なるようですね。

▼ ランプ肉Hibiki daimyo 19

 

▼ シックフランク(牛の内もも)Hibiki daimyo 20

 

このプレートの分量で、大体三,四人前。
女子だろうが何だろうが、皆さん遠慮無くガッツリと乗っけていくのです。
なお、肉は1回限りの乗せ放題で、おかわりは不可です。

品切れが起きても、迅速に次の肉のプレートを持ってきてくれます。素晴らしい。
そして、表面をバーナーで軽く炙る様子を見られるのです。

この炙りは、肉表面の色が変わる程度なので焦げの香ばしさを出すほどではありません。

Hibiki daimyo 22

取り放題のお惣菜

肉をガッツリと乗っけたあと、取り放題のお惣菜を取ります。

用意されていたのは、

・温泉卵
・ポテトサラダ
・筑前煮

筑前煮は、お客さんの年齢層を考えると渋い料理。

Hibiki daimyo 14

 

サラダコーナー

サラダもあるので、好きなドレッシングを掛けましょう。

Hibiki daimyo 12

 

この日用意されていたサラダドレッシングは

・青じそ
・ゴマ
・シーザードレッシング

Hibiki daimyo 16

 

みそ汁

みそ汁があるので、響丼は定食のようになります。

Hibiki daimyo 13

 

響丼(中サイズ:300g)
1280円

はい、こちらが行列待ちの末の念願の「響丼」
肉は、全力で山盛り。

Hibiki daimyo 23

サラダ

箸休め用に、少量だけお皿に乗せておきました。

Hibiki daimyo 27

響丼

中サイズのドンブリに目一杯肉を乗っけてみましたよ。
すさまじい量。
これは、大勝利の乗せ方だと自画自賛。

下段が、ランプ肉
上段が、シックフランク

という積み方をしました。

ただ、どちらとも味や肉質が似てるので、違いは分かりにくし。

Hibiki daimyo 24

ソース

ソース皿には

ステーキソース
ユッケソース
わさび

の4種類。

ステーキソースは、刻み玉ねぎが溶け込んだ酸味があるソース。
ユッケソースは、甘みが強いしょう油ベースのタレ

ワサビと塩は、肉の味を活かしつつ頂けそう。

Hibiki daimyo 28

 

ランプ肉をステーキソースに浸けて頂きます。

脂身が少ない赤身肉のため、あっさりして非常に食べやすい。
レアな火加減も良くて、柔らかな食感で頂けます。

Hibiki daimyo 30

 

肉を活かす、ワサビを乗せて頂きます。

正直に言うと、ソースよりもワサビの方が食べやすい。
特に、このように大量に肉を食べるときには。

ワサビの抜ける辛さがスカッとして、どんどん肉を食べられます。

Hibiki daimyo 31

終盤には、温泉卵を載せて

山のようにあったお肉たちも、あっというまに胃袋に。
赤身肉なので、あれだけの量でもペロリと食べれてしまいます。

ご飯が見えたので、ここで温泉卵を投入。

Hibiki daimyo 35

▼ 玉子の中央を割って、トロトロな黄味がお目見え。

Hibiki daimyo 36

 

卵黄をソースにして、残りのお肉を頂きましょう。

黄味のコクが、あっさりとした牛肉になじんでこれまた良し。

Hibiki daimyo 37

管理人はちく(@hachiku_89)のまとめ

Hibiki daimyo 39

牛肉盛り放題の響丼、完食です!

大量のレア肉を山盛りにしてみましたが、まったく苦しくなく食べ終えました。
ソースの種類が多かったので味変が効いたのと、脂が少ない赤身肉だった事が大きいですね。

ただし、肉のレア感も後半になるとゴムゴムしてきまして、しっかりと火が通った肉も欲しくなったところです。
ステーキ皿にある加熱ペレットが、別に有ったりすると良いですね。

 

先日、ブッチャーズ八百八で肉山盛りを食べて来たのですが、赤身肉のヘルシーさがウケて山盛り肉丼が流行ってるんでしょうか。

女性人気が高いことに、はちくが衝撃を受けたランチでした。

ごちそうさまでした!
美味しかったです!

 

▼ディナーのもつ鍋コースも好評です。お得な予約はこちらから。
→ 博多もつ鍋 響 大名店

店名博多もつ鍋 響 大名店
TEL092-737-3330
住所福岡県福岡市中央区大名1-14-26 2F
営業時間11:30~15:00(L.O.14:30)

17:00~23:00
(料理L.O.22:00 ドリンクL.O.22:30)
定休日無休