残念ながら、ヒルトンHオーナーズVISAカードを解約した理由を語りたい

こんにちわ。 管理人のはちくです。

エントリーのタイトルにあるように、今回はヒルトンHオーナーズVISAカードの解約をしてきました。

IMG 6815

以下にあるように、タイ旅行に行った時は、このカードのおかげでヒルトンHオーナーズゴールド会員としての恩恵を十二分に満喫出来たりして、その時は年会費以上のお得感というのは、確かにありました。

↓↓↓ コチラの記事 ↓↓↓
DoubleTree by Hilton Hotel Sukhumvit Bangkok (ダブルツリー by ヒルトン バンコク スクンビット / キングゲストルーム)
■【ダブルツリー by ヒルトンバンコク】 カクテルタイムに行ってみた。
■お部屋をスーペリアルームにアップグレードしてもらったぞ!  (ダブルツリー バイ ヒルトン バンコク スクンビット / ツイン スーペリア ルーム)
■【ダブルツリー バイ ヒルトン バンコク】 ノンストップチェックアウトの利用の仕方が分からず、戸惑った 

解約の理由

大きな理由としては、

「国内ヒルトンホテルの予約がとれない」

ということです。

去年から、円安傾向もあり日本への外国人観光客が大量流入しております。
その結果、国内のヒルトンホテルはフル稼働で空室状況が壊滅状態です。

私は上京した時にでも常宿感覚で使いたいと思ってはいましたが、そんな希望は吹き飛んでしまいました。

本当に全く予約が取れないのです。

こういうことだとは入会してみないとわからない情報です。

ちなみに海外のヒルトン系列ホテルだったら、予約を入れることは出来なくはないのですが、今の自分の仕事やライフスタイルからは海外旅行をする時間を取ること自体が不可能のように思えます。

こうなると、このまま持ち続けていても、年会費のコストが掛かるだけで意味が無いなぁと思った次第です。

せっかく大企業リーマンパワーで作ったクレジットカードだったのですが、生活と環境が変わってしまったので使いみちが無くなってしまいました。

簡単すぎる解約手続き

いざ解約の決心をし、カード裏のフリーダイヤルに電話をかけます。
混雑していたため何度かかけ直す事になりましたが、やっとつながり音声ガイダンスが流れました。

なんと、ガイダンス通りに「クレジット番号」と「暗証番号」を入力できたら、オペレーターと話をせずに、解約手続きを終了することが出来ました。

めんどくさいことがあるかもしれないと思っていたのに拍子抜けです。
最近では、こんな方法で解約できるのですね。

最後に

カードを解約することで、せっかくの「ヒルトンHオーナーズゴールド会員」の資格も手放す事にはなるのですが、また海外旅行の際にはヒルトン系列に縛られずに自由にホテル選びすることが出来ると考え、気持ちを切り替えたいと思います。


☆☆☆ 絶賛フォロワー大募集中です。 ☆☆☆
↓↓↓ よかったら下のボタンのクリックをお願いします。 ↓↓↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク