【らぁめん蔵持】売り切れ多発のド分厚いチャーシューめんを味わいました。

こんにちわ。管理人のはちく(@hachiku_89)です。

福岡県下の 「非とんこつ」ラーメンを探す旅をしております。

今回、醤油ラーメンを出すお店。
福岡市白金にある「らぁめん蔵持」さんへ行ってまいりました。

スポンサーリンク

外観

交差点近くの長屋っぽい建物に「蔵持」はあります。IMG 8502

あんまり派手さは無い外観ですので、見落とさないように注意です。
路上に出てる白い看板を目印にして下さい。 IMG 8505

入口の脇には、写真付きのメニューがあります。IMG 8506

店内

券売機

店内に入ってスグ左手に券売機があるので、食券を買いましょう。

らぁめん 730円
麺少らぁめん 680円
チャーシューめん 1280円
メンマらぁめん 900円
納豆らぁめん 850円

各大盛200円

狙いは、チャーシューめん!
巨大なチャーシューにお目にかかりたい! IMG 8721

食券機にサイドには、

「紙エプロン」

が置いてあります。

つけ麺店では、紙エプロンを用意してあるところが多いと思いますが、「蔵持」さんもザル系のメニューに合わせて用意してくれているのでしょう。

私は普通のらぁめんを頼んだのですが、しっかりと使わせてもらおうと思います。
食後に服が汚れたりすると、美味しい料理だとしてもそれだけで気分が盛り下がりますからね。

IMG 8722

店内のL型のカウンターの端っこに座らせてもらいました。

清潔感がある店内で、内装がキレイですね~。 IMG 8724

壁の一部分に、「らぁめん蔵持」の前の店名「満来」のパネルが残っています。
店の経緯を知らない人からすると、なんだろうと思うでしょうが。IMG 8730

見ての通り、店内はカウンターしか無いので、その点はご注意を。

白金という、住宅地の真ん中にあるお店ですので、家族向けも狙いたいとは思うのですが、店内スペースからはテーブルは置けそうもなかったですね。

この設計は、さっと食べて帰る感じがしていいと思います。
お店も回転率が上がって収益性が向上しますし。 IMG 8731

卓上調味料

コショウ、酢、七味唐辛子 となってます。IMG 8723

ピッチャーとコップ

驚くべきことは、どちらとも「超きれい!!」

キラキラしてて、新品のコップのようです。
気持ちがいいです。IMG 8727

割り箸とティッシュ。

ティッシュが備え付けというのは、ほんとありがたい。

しかも、このデザインはユニーク。
(ちょっと取り出しにくかったりしましたが。) IMG 8729

限定20個のチャーシューおにぎり

この色合いといい、ラップに包まれた手作り感が美味さを醸し出しています。

食べたい。
でも、巨大チャーシューが待ってるので、我慢します。

普通サイズのラーメンを食べるときのアテにしたいですね。 IMG 8728

チャーシューめん 1280円

とうとうやって来ました。
これが、空前絶後&超弩級のチャーシューめん!

厚さ3cmはあるような、チャーシュー!
いや、肉塊と言ってもいいでしょう。

文字通り「肉食系」ラヲタとして、これほどのご馳走は無いです。

でも、味が良いことは大前提ですよ。
これから、確認作業に入ります!IMG 8732

巨大チャーシュー

どんぶり内に鎮座するチャーシューを一切れ箸で掴みます。

やはり箸にかかる重さからして、従来のチャーシューの概念では無いですね。

味ですが、見た目のインパクトと反してサッパリ味。

わかりやすい例えをすると「ゆで豚」料理という表現がぴったりとマッチします。
調味料的な味付けはほぼ無く、しっかりと臭みを消したゆで豚=チャーシューという仕上がりです。

この量ですので、醤油タレで甘辛い味付けにしてしまうとクドくなりかねません。
ゆで豚風チャーシューで正解です。

この肉、脂身はもちろん赤身もしっかり柔らかい。
でも、溶ける柔らかさではなく、肉の繊維がギュッとギッチリと詰まってて

肉を喰らう

という感覚はしっかりとあります。

IMG 8738

スープ

澄んだスープに油が浮いた、正統派の醤油スープです。

甘みがあるスープなので、食べ進めていくと味に変化がほしいと感じてきます。
バランスが崩れることを恐れず、思い切ってコショウや七味唐辛子を使ったほうが良いですね。
IMG 8736

めん

平打ち中太ちぢれ麺。

表面はツルツル。
コシは少ない麺でした。

今回、大盛りを選んだわけではないですが、かなりの麺量を感じます。 
ワイ、ボリュームに大満足。 IMG 8744

具材

チャーシュー以外の具材は、

メンマ、のり、ほうれん草

が乗っていました。IMG 8741

驚いたのは、異色「ほうれん草」の参戦です。

家系ラーメンでは、スープ特有のコッテリさを打ち消すために、ほうれん草の青さが必要だったりするわけですが、このあっさり醤油スープのラーメンに合わせてくるのが驚きました。

ほんと珍しい!

ほうれん草と合わせて食べてみましたが、「アリ」の具材だと思いました。
美味しかったですね。新しい発見です。IMG 8746

管理人はちく(@hachiku_89)のまとめ

今回は、「大盛り」をオーダーせずに普通サイズの「チャーシューめん」を食したのですが、満腹で退店です。

チャーシューが無いとしても、普通に美味しい醤油ラーメンでした。

それにしても、このチャーシューめん。

もちろん価格については「1280円」もして、私からすると「高額商品」というのは否めません。

やっぱり人気があるようで、営業時間内に品切れになることが多いようです。
私もこの記事のために2回訪問して、やっとのことでチャーシューめんを食べられました。

チャーシューめんを目当てとしてる人は、早めの来店を心がけましょう。

「蔵持」さんには、「納豆らぁめん」という話題性が高いメニューもあるのでまたリピートして訪問したいですね。

美味しい一杯でした。
ごちそうさまでした。

IMG 8749

店名らぁめん蔵持
TEL092-791-4221
住所福岡県福岡市中央区白金1-10-5
営業時間11:00~15:00
17:00~22:00
定休日水曜日(祝日の場合は、翌木曜日休み)

▼こちらも合わせて読みたい▼
→ デカ盛り冒険の書

☆ 絶賛フォロワー大募集中です。 ☆
↓よかったら下のボタンのクリックをお願いします。 ↓