【福岡デカ盛りまとめ】限界にチャレンジ!がっつり食べたい大盛りグルメ店

 

こんにちわ。管理人のはちく(@hachiku_89)です。

 

この「破竹の勢い」では、数々の大盛りデカ盛りグルメにチャレンジしてきました。

このたび、グルメブロガー「はちく」が責任編集!!
美味しくて満腹になれる福岡の「大盛りデカ盛りグルメ店」を、皆さまにお届けします!

 

ラーメン部門

ラーメン大 福岡大橋店

全国にチェーン展開している「ラーメン大」の福岡店。
西鉄大橋駅のちかくに、ラーメン大福岡大橋店があります。

▼ らーめん大の野菜マシマシ 完食は高難度!ラーメン大ヤサイマシマシ

注文の際、店員からのコールに合わせて、ヤサイマシマシなどと唱える例の二郎っぽいアレです。
調子に乗って「ヤサイマシマシ」と返すものなら、どんぶりに巨大なモヤシがそびえ立つことになります。

ラーメン大のスープは、あっさり醤油とんこつ系。
そのため、一味やコショウなどの味変との相性も良く、山盛りのヤサイも食べやすい。

二郎インスパイアらしく、強力粉のゴワゴワした麺はモチモチ美味しいです。

 

島系本店

福岡発の二郎インスパイアと言えば、「島系本店」です。
糟屋郡志免町に本店を構え、福岡市内にも舞鶴地区に支店が存在します。

▼ 名物「桜島ラーメン」のボリューム!島系本店桜島ラーメン

島系ラーメンの特徴は、非常にあっさりとした魚介醤油のスープ。

「島系本店」で二郎感を期待するなら、オーダーの時に「極太麺」と伝えてください。
忘れちゃダメですぞ。

そして、真のデカ盛り愛好家には「ラーメン桜島」を頼むべき!
どんぶりにヤサイがうずたかく積まれた迫力バツグンの一杯です。

 

らぁめん蔵持

福岡中央区白金の「らぁめん蔵持」
関東醤油を使った鶏ガラしょうゆの上品なラーメンを提供するお店。

デカ盛りファンには「シャーシューめん」(1280円)をオススメしたい!
厚さ3cm超の巨大チャーシューが入った、チャーシューめんなのです。

▼ チャーシューめん

チャーシューは脂身が少ない豚肩ロース。
ロースの肉肉しさがもたらす満足感は、唯一無二。
薄味のシンプルな味付けのシャーシューですので、この量でも食べやすい。

ラーメン自体のレベルが高く人気があるお店ですので、一度行って頂きたいお店です。

 

 

うどんそば部門

春月庵(そば)

春月庵は、14時〜16時まで何玉でも食べ放題というお店。
(それ以外の時間は、3玉まで同じ料金)

▼ 食べ放題の美味しいそば

春月庵は、製麺所が経営しているため、そばの味は確かです。
ウマいそばが、たくさん食べれる!
こいつぁは、最高やないか。

食べ放題は時間帯が限られてるのが難点ですが、訪問して欲しいそば屋さんでした。

 

 

 

どんぶり部門

大和家(から揚げ丼)

福大近くにある「大和家」さん。
ここは、大盛り&格安のどんぶりや定食を食べさせてくれる「福大体育会系」御用達のお店と言えるでしょう。

▼ 大盛り から揚げ丼

注文すべきは、大盛りの「から揚げ丼」
圧巻の量がから揚げが積み上げられたから揚げ丼が頂けます。

まさに、大学生が泣いて喜ぶサイズ。
醤油の下味が効いた美味しいから揚げなので、この量も苦にならない。

 

魚助食堂(海鮮丼)

天神パルコ地下にある「魚助食堂」
どんぶりのサイズを選んで、 1回限りどんぶりに刺身を積み上げる、エンタテインメント性溢れるお店。

▼ このようにお刺身盛り放題なのです!
なかなか刺身を大量に食べられるお店など無い事から、「魚助食堂」の存在は貴重。
そんなビジネスモデルは海外からの観光客に大ウケの様で、行列にはアジア系の観光客の姿が数多く見られるのです。

おかずもビュッフェ形式で数多く揃えてあり、好きなものを好きなだけ選ぶことが出来ます。

お刺身をお腹いっぱい楽しみたいときには、魚助食堂がオススメです!

 

磯っこ商店 博多店(海鮮丼)

博多駅筑紫口から徒歩8分の位置にある「磯っこ商店 博多店」
土日祝日のランチ限定なのですが、海鮮ビュッフェが食べ放題!!

並んだ刺身を、自分の好きなだけ丼に入れて「海鮮丼」を作ることができます。
しかも、何度もおかわり自由!

▼ これが自分好みの特製海鮮丼だ!

「海鮮ビュッフェ」なので、刺身を使って手巻き寿司やカルパッチョにしてもOK。
自分の発想次第で、いろいろな楽しみ方ができるのです!

満腹と気持ちが満足ゆくまで、たっぷりと刺身を味わえるでしょう。

 

 

ニクゼン(ステーキ丼)

赤坂交差点近くにある「ニクゼン」
毎日ランチタイムには長蛇の行列が出来る大人気店。

デカ盛りファンにオススメは、肉300gご飯700g合計1kgの「特盛ステーキ丼」(1200円)
限定40食とあり、食べるためには行列も覚悟が必要です。

▼ 行列が出来るステーキ丼

焼き肉屋が提供する上質レアステーキ。
それが2枚乗った「特盛ステーキ丼」
それは、美味しいに決まっています。

デカ盛りファンは必食せざる得ないでしょう。

 

洋食部門

カレーショップ河(カレーライス)

1kgまで700円という格安料金で頂けるのが 「河」のカレー。

▼ カレーショップ河の大盛りカレー

肝心のカレーの味は、長時間の煮込みを思わせる本格派のしっかり味。
ココイチよりもウマい気がします。

1kgにもなると、お皿にはご飯の白い山が出来上がり迫力バツグン。
腕に自信がある方は一度行くべきお店です。

 

HANAMARU厨房(トルコライス)

HANAMARU厨房のデカ盛りメニューと言えば、ご存じ「トルコライス」。

長崎発祥のB級グルメは、HANAMARU厨房でデカ盛りメニューとして猛威を振るっております。

▼ 完食せよ!名物トルコライス

トルコライスは1000円
大盛 1300円
特盛 1500円
バカ盛り 2500円

というラインナップ。
また、この上には対もえあず用最終兵器「もえあず盛」というものも用意されているとのこと。
恐ろしい話です。


大盛以上を食べると「完食ノート」に記帳でき、
失敗すると「ヘタレノート」に名前を残すルール。

完食ノートへの記帳(勝ち名乗り)目指して、大盛トルコライスにチャレンジしてみましょう!

 

喫茶ふじ(カレーナポリタン)

北天神のオフィス街に位置する喫茶店「喫茶ふじ」

こちらで頂けるのは、大盛りの「カレー&ナポリタン」
ワンプレートに乗せて提供される洋食メニューとなっています。

▼ 大盛り「カレー&ナポリタン」

両方とも家庭の味わいを残る懐かしい味で、この量でも食べてて苦になりません。
非常に満足出来る一食です。

 

キッチン中田中(オリエンタルライス)

「中田中」グループが運営するハイブランド食堂「キッチン中田中」
ここで、オススメしたいのは「オリエンタルライス」(1550円)

キッチン中田中のオリエンタルライスは、味も量も大満足のひと品。
大盛りを売りにしたお店では無いのですが、この「オリエンタルライス」に限っては量が普通ではありません。

▼ 大盛りオリエンタルライス

やや値段が張りますが、「中田中」ということでそれぞれの味に満足できると思います。
チャレンジすべき「オリエンタルライス」 オススメです。

 

ベビーフェイスプラネッツ(オムライス)

チェーン店のベビーフェイスプラネッツは、デカ盛り愛好家で有ればチャレンジして頂きたい。

スモウレスラーサイズ(5人前)+540円

▼ これが「スモウレスラーサイズ」のオムライスだ!

ベビフェさんの料理は、通常のサイズでも3人前はあるので団体さん向けと思われますが、一人で頼んでOK。
この3人前のサイズでも、結構な食べ応えがあるんです。

そんな、大盛のオムライスやパスタを5人前の「スモウレスラーサイズ(+540円)」に変えられる鬼オプションを挑戦して頂きたい。

オムライス、パスタのどれの頼んでも味がバツグン、チャレンジし甲斐があるメニューです。

また、ベビフェでは不定期に大盛企画を行ってますので、デカ盛りファンとしては目が離せませんよ。
福岡県下では6店舗(太宰府、春日、久留米、野間大池、和白、宗像)があり、どの店舗でも挑戦可能ですので、遠慮せずオーダーして欲しいですね。

 

定食部門

とんかつ大将(とんかつ定食)

とんかつ大将は、博多駅南店と筑紫通り店の二店有ります。
どちらも同じメニューですし、車がある方は、筑紫通り店のほうが駐車場もあるので良いかもしれません。

ここでは、「ジャンボとんかつ」(1480円)を狙って頂きたい。
圧倒されるサイズ感。
これぞ、デカ盛りとんかつにふさわしいサイズです。

▼ ジャンボとんかつ

カツ自体は値段にしては美味しいもので、食べても苦痛は感じません。
当然、後半は揚げ物の油に苦しめられるのですが、山盛りの千切りキャベツをうまく活用しつつ完食を目指して頂きたい。

 

 

STAND BY ME(から揚げ定食)

STAND BY ME さんは、食べきれる分で好きな数だけ「唐揚げ」を注文できるという「唐揚げ定食」(780円)をオススメしたい。

この唐揚げ。
「海鮮日の出食堂」秘伝のレシピで作った唐揚げで、内部からジュワッと肉汁があふれるヤバイやつです。

▼ 唐揚げ上限無し「唐揚げ定食」

そんな唐揚げを好きなだけ頼めるのですから、天国以外に言いようがありません。
他の食材も、福岡の名店由来の料理を再現しており、美味いものが大集結した「唐揚げ定食」となっています。

なお、ランチタイムのメニューとなっていますので、来店にはご注意を。

 

 

管理人はちく(@hachiku_89)のまとめ

 

福岡のデカ盛り・大盛りメニューをまとめてみました。

「福岡の料理は美味しい」という評判通り、各店ともサイズが大きくなっても美味しさはそのまま。

デカ盛りファンの皆さんは、この記事を参考にお腹いっぱいデカ盛り料理を楽しんで頂きたいと思います。