【大重食堂 今泉店】サイフォン抽出の芳醇スープ これはラーメンの革命なのか!

こんにちわ。管理人のはちく(@hachiku_89)です。
今年もよろしくお願いいたします!!

前から行きたいと思っていたコーヒーのサイフォンを使ってスープを抽出するという

大重食堂 今泉店

に行って参りました。

節の風味がタップリと抽出されたラーメンを美味しく頂いてきましたよ!

外観

天神南にある、このビルが目印。
ビックカメラの隣にあるので、周辺を通ることがある人なら観たことがあるはず。

それにしても、この近辺にはラーメン屋さんが密集してる。
兼虎元祖長浜屋、大砲ラーメン、桝元・・・。

OhshigeIMZ 2

 

ビルのフロアで見つけた看板。

ワールドラーメングランプリ2017 優勝

それって、世界一ってことでしょ。
すごくない?!

OhshigeIMZ 4

 

このビル「西鉄今泉ビル」と言うらしい。
一階は飲食店のテナントが多数入ってて、「大重食堂」もその一つ。

OhshigeIMZ 5

 

ビルのフロアを奥に進むと、

大重食堂 はけーーん!!

提灯が祭りな雰囲気がいい。

OhshigeIMZ 9

 

▼ お店の説明OhshigeIMZ 7

 

▼ 福岡産のラーメン用小麦「ラー麦」を採用OhshigeIMZ 8

 

メニュー

メニューは、こちら。
OhshigeIMZ 6

 

券売機

券売機が置いてるんですが、ジュースの自動販売機みたい。
ボタンがいっぱい有るけど、選べるのは4つ。

・純らーめん七節(850円)
・替え玉(150円)
・日の丸ごはん(150円)
・アルコール(400円)

ラーメンは「七節」一択しかないのに、自販機のボタンの多さに戸惑いながら購入。

OhshigeIMZ 10

 

自動販売機から出てきたのは、ずっしりとした分厚い「木札」
しっかりと彫り込んである。
なんかしらんが、こだわりと感じる・・・。

OhshigeIMZ 11

店内

店内へ入店。
最初に驚いたのが、店内に充満した煙。

キッチンの端っこで、どうやら焼豚を仕込み中の様子。
開店早々の訪問だったから、まだ作業中だったんだろう。
それにしても、煙もお肉が焼けて良いにおい。

カウンター席がメインで奥の方に、4人掛けのテーブル席が有りました。
長細い店内であまり空間の余裕は無い。

OhshigeIMZ 19

この大重食堂、店内が物珍しいものばかりでキョロキョロしてしまいます。

■カウンター台が畳張り。
スープが染みこんだらどうするんだろうと心配になる。

■小さなヤカン
追加のラーメンタレが入ってるんじゃ無くて「給水器」。
持ち上げられません。
氷が入ったお茶碗を貰って、このヤカンを手前に傾けるとお水が出てくるという仕掛け。

初めてみた!面白い!

OhshigeIMZ 15

 

▼ 表にあった説明文がカウンターの真上にも書いてあります。
ラーメンが出来上がるまでの間、一度目を通しておきましょう。

OhshigeIMZ 12

 

卓上調味料

目の前には、3つのサイズの異なるツボが置いてます。
これが、卓上調味料ということらしい。

■梅モヤシ
モヤシと梅の味をブレンドした酸っぱいモヤシ。

OhshigeIMZ 16

 

■節ふりかけ
スープに加えることで、「追い節」となるそう。

OhshigeIMZ 17

 

■ゆず胡椒
いちばん小さいツボには、ゆず胡椒。
九州人には欠かせない。

OhshigeIMZ 18

 

目の前のサイフォンでスープを仕上げる!

これですよ、一番のポイント。
サイフォンを使ってベーススープに節の風味を更に煮出すという荒技。

入店すると、すぐにセットされたサイフォンに火がかけられます。
丸いフラスコ部のベーススープがどんどん沸騰し、上のガラス容器に登っていくのです。
ガラス容器の中では、スープが対流し節が踊ってる姿は眺めて楽しいです。

火を消して、上の容器から下のフラスコへスープが戻りきると、渾身のスープが完成するのです。

OhshigeIMZ 21

 

お箸は「引き出しの中」

スープの完成を見届けると、ラーメンが届く訳ですが、手元にお箸がありません。
辺りを見渡していると、店員さんから「引き出しを開けてください」と声を掛けられます。

引き出しを開けると、キレイに並んだ箸やレンゲが陳列してました。
おしぼりや女性用のヘヤピンも入ってて、なんとも心憎い。

OhshigeIMZ 24

 

純らーめん七節 (850円)

こちらが到着した「純らーめん七節」

具材は、焼豚・キクラゲ・半熟玉子・海苔と充実した内容。
切り立ったドンブリからは、柔らかな節系の香りが静かに漂います。

OhshigeIMZ 26

スープ

赤いレンゲで、黄金色の透明度の高いスープをひとすくい。

七節とは「牛節・豚節・鶏節・鰹節・河豚節・真鯖節・鰯節」のこと。
スープの味わいは、魚系の節の旨味がメイン。
いろんな素材でダシを取っているにもかかわらず、調和を見せるスープです。

魚介系節により塩味の強さが気になりますが、あくまでも気になる程度。
柔らかく芳醇な旨味を満喫です。

OhshigeIMZ 27

 

メン

福岡県産「ラー麦」を使った中細ストレート麺。

シコシコした高加水麺で、ほんのり甘く非常にウマい。

初めてラー麦の麺でウマいと感じました。
博多ラーメンにラー麦を使ってるお店は多いのですが、それらはどうも冴えない味ばかり。
でも、この麺は別物です。

驚きました!

OhshigeIMZ 28

焼豚

チャーミー豚を使った焼豚。
塩麹に48時間漬けたものらしいです。

見た目からは、トロトロチャーシューだと思い込んでましたが、歯ごたえがしっかりとした豚ですね。
脂は柔らかい。
身は弾力があってコリコリしっかり。「豚トロ」の食感がイメージにしっくりときます。
表面には焦げが付けてあり、肉感が一段とアップ。

濃厚な味付けをされた焼豚は、淡麗なスープの中で良いアクセントを果たしています。

OhshigeIMZ 30

「ふりかけ」をかける

コクが増すという「ふりかけ」
味変に使ってみました。

それほど、大きな変化は無かったかも・・・。
ゆず胡椒の方が効き目がありました。

OhshigeIMZ 31

 

 

管理人はちく(@hachiku_89)のまとめ

OhshigeIMZ 1

大重食堂 今泉店の

純ラーメン七節 完食です!

ワールドラーメングランプリ優勝を獲得したラーメンということで、非常に興味を持って頂きましたが期待通りの一杯でした。

スープの旨味はサイフォン抽出でないとダメなのか不思議に感じるところですが、カラクリとしてエンターテインメント性があって良いと思います。
具材もひとつひとつに仕事が細かく、感心しきり。

850円というのも肯けますね。

大変美味しかったです。
ごちそうさまでした!

店名大重食堂 今泉店
TEL
住所福岡県福岡市中央区今泉1-12-23 西鉄今泉ビル 1F
営業時間11:00~翌1:00
定休日不定休