とうとう福岡の二郎インスパイア系【島系本店舞鶴店】に行ってみた

こんにちわ。管理人のはちく(@hachiku_89)です。
  〈追記:2016年10月13日 再訪〉

ジロリアンとして、待ちに待った福岡の数少ない二郎インスパイア系「島系本店」にとうとう訪問してきましたよ。

志免本店は遠かったので、舞鶴店のほうに行くことにしました。 IMG 5129

店名島系本店 舞鶴店
TEL092-714-6776
住所福岡県福岡市中央区舞鶴1-6-14
営業時間11:30~16:00
18:00~22:00
定休日無休

店先

営業時間

11:00 〜 16:00
18:00 〜 22:00
 ※スープが無くなり次第終了

夕方に、2時間の休憩が入るので、注意が必要です。

IMG 5133

オススメのラーメンの看板です。

島系ラーメン 900円

だそうです。

IMG 5132

店内

券売機方式で、まずラーメンを選んで食券を買います。

私は、ヤサイ山盛りビジュアル抜群の

ラーメン桜島 790円

を選びました。

看板にあった島系ラーメンと悩みましたが、まずは見た目が二郎ぽい桜島にしました。
また、島系ラーメンは来た時にとっておきたいと思います。

img_7506

img_7507

img_7508

img_7509

店内に注意書きがあるのですが、二郎のような極太麺にしてもらうには、券を渡すときにきちんと「太麺」とオーダーしないといけません。
これは、独自ルールなので、忘れないようにしましょう。 IMG 5138

席数は多いと思いましたが、お昼時になるとかなり席が埋まります。

人気店で間違いありません。
IMG 5134

IMG 5136

福岡の店らしく、紅しょうがも入れ放題ですね。
IMG 5137

ラーメン桜島 到着

目の前に来ると、もやしの量が圧倒的です!

麺とヤサイの位相を転換する技術「天地返し」は、困難を極めました。

お肉は2つ入ってます。
味はちょっと薄め。あまり味付けされてませんね。

山盛りヤサイも、他の二郎インスパイア系と比べキャベツの含有量が多いのが特徴的でした。
いい歯ごたえでワシワシ食いつきます。

太麺の太さはこれまでのインスパイア系とほぼ同じ太さ、高い再現性です。
食感のほうは、ゴワゴワ感やブチブチ切れる様子もなくジャンク感が低い仕上がりです。
太麺のもっちりした美味しい歯ざわりになってます。

そして、スープ。
豚骨と鶏のブレンドされたスープです。
醤油も入ってるらしいのですが、あまり感じません。
そのため、塩気が少し少なく、その分を鶏ガラの旨味で補ってるように感じました。
卓上の胡椒で調整してみたところ、いいバランスになったと思います。
総じて、グイグイ飲めるスープで二郎らしくは無いのですが、美味しいことには変わりません。

IMG 5142

当然、完食です。
食べ終えてみると、ヤサイに比べ麺が少なかったので、食券機で「麺大盛り」を買っておくべきだったと思いました。

「らーめん大」と比較すると、かなり上品。二郎感は低いとも言えます。
万人受けするし、まぁアリと言えるでしょう。

自分の気分によって使い分けしたら良いと思います。

また、島系ラーメンに挑戦したいですね。

IMG 5145


島系ラーメン 900円
(16年10月13日 再訪 )

ひっさびさに再訪しました。

今回は、前回心残りだった島系ラーメンに挑戦です。

島系ラーメン(900円) + 麺大盛り(100円)

太麺をコールして、ニンニクなどは明日の予定もあることから控えました。

到着した島系ラーメンは、見たところ具がリッチ!!!
ゆで卵はさておき、ごろっごろの「ブタ」塊が5,6ピース投入されています!

img_7510

ブタを頂きます!
脂身が少なく、かなりあっさり。
長時間の煮込みのおかげで、かなり柔らかく薄味の出汁が染み込んでます。

南九州で出される、おでんの「とんこつ」と味がそっくりですね。

img_7513

麺も素晴らしいゴワッと感。
今回もモチモチ具合がハンパないです。

これ、ハマるわーと思いますね。img_7514

今回の島系ラーメンも完食です。

麺増量でしたが、完食してもちょっと物足りないくらいでした。
あと、味がカツオ醤油風味で優しい! 重たくない!

普通の量だったら、女性にも気に入ってもらえる味のラーメンだと思うので、もっと人気が出てほしいと思いますね。

ごちそうさまでした!

img_7517

☆☆☆ 絶賛フォロワー大募集中です。 ☆☆☆
↓↓↓よかったら下のボタンのクリックをお願いします。 ↓↓↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク