【秋葉原】スパゲッティーのパンチョ秋葉原店に突撃す。

こんにちわ。管理人のはちく(@hachiku_89)です。

ひさびさの東京遠征です。
ゲーム業界に身をおいていたものとしては、東京に来るたびに秋葉原の様子は観ておきたいものです

10時頃、ファーストキャビンをチェックアウトした足で、秋葉原の地に降りました。
新橋からなので、到着まで時間はほとんどかかりません。

しかーし

なんということでしょう~。
ほとんどのお店が開店前で、シャッターが降りたままです。
裏通りを歩いても、メイドが全く立ってなくて、寂しいものです。

10時に秋葉原。
早すぎました。
オタクの街には、午前中から来るものじゃないと学びましたね。

そんな活動前の秋葉原の街をふらふら散策しながら、ずっとマークしていた「ナポリタンのパンチョ」の開店を待ちます。

スポンサーリンク

外観

パンチョ到着。

でっかいタペストリーと看板は、視覚から胃袋を刺激し、増量表示はフードファイターの闘争心をかき立てます。
IMG 5750

IMG 5749

そう、大食い動画の題材として、扱われることの多い「パンチョ」。
昨今、洋食ブーム・ナポリタンブームも一段落ついてきましたが、それでも一度は行ってみたいと思っていたお店でした。

11時 開店

ナポリタンのパンチョ秋葉原店は、地下にあるので地下階段を降りていきます。
IMG 5751

数日前に新橋のパンチョに、ディナータイムに視察に行きました。
すると、大行列発生中。
あまりにも行列が長かったので、引き返した記憶があります。

今回、開店一番乗り!
行列は皆無です。

地下に続く階段の踊り場には、券売機食品サンプルが置いてありました。
IMG 5752

券売機の左上には、やさしい雰囲気の説明書的なものが貼ってました。

なんと、普通の料金で、300〜600グラムまでの麺の量を選ぶことができるそうです。(無料で!)
ちなみに、タコウインナーくんによると
一般的な一人前は、200〜250グラムだよ!!
といってます。

つまり、通常の値段で3人前相当を食べられるということです。
ありがたい。

表の看板に書いてあった、
兄貴(1.2キロ)
番長(1.6キロ)
星人(2.3キロ)
がデカ盛りとして説明されてます。

絶対に食べれるわけがないのであまり気にしないでおきます。IMG 5765

こちらが、食品サンプル。
一番少ない300グラムでも、結構なボリュームを感じます。

星人(2.3キロ)は、マジ無理過ぎる量です。

IMG 5766

IMG 5767

いざ、店内へ。

食券を買って入店すると、カウンター席に通されました。

目の前に並ぶフィギュア。
これこそ、アキバ。 

こういう雰囲気を感じたくて、わざわざ足を運ぶのです。IMG 5753

卓上調味料

卓上の調味料は、粉チーズ・タバスコ・どMパウダー・ラー油・胡椒です。

粉チーズがケースに満タンで設置されてます。
これだけあれば、思う存分使える(歓喜)

思いっきりナポリタンにかけてみたい!IMG 5758

IMG 5760

店内にはフィギュア以外も、ポスターが壁一面に貼ってあります。IMG 5756

IMG 5755

IMG 5754

そして、この標語。

ナポリタンは当然やわらか太麺。アルデンテってなんですか?

いいですね〜。
なぜかわからないけど、スパゲッティをパスタとか言っちゃう勢に対する煽り方。

きっとフニャフニャの太麺で、パンチョのナポリタンはやってくるのでしょう。IMG 5761

チーズ入りナポリタン(600グラム)

600gのナポリタン、到着!!

600グラムという量が、どんな破壊力があるのか、ドキドキモノでした。
対面して、まぁ完食できそうな量

でした。高さもまあまあでしたね。

ユニークなのは、ナポリタンなのに味噌汁が付いてる!
日本で生まれた、洋食ナポリタン。
和製スープこと、味噌汁がつくのも間違ってません。IMG 5762

実食!

ナポリタンですが、ヤワヤワというわけでもなくて、しっかりとしたもっちり太麺でした。

ケチャップがそれほど濃い味では無く、自分好みの味付け。
濃いケチャップ味では、大量には食べれません。

念願の卓上にある粉チーズをがっつりふりかけて、一気に完食してしまいました。


まとめ

パンチョのナポリタンは、評判通り美味しいナポリタン。
もちもちとした太麺を、わしわしと味わえました。

そして、この量。
リーズナブルで、若者や男子。大喜びです!

また、秋葉原に来た時は、立ち寄りたいと思う美味しいお店でした。IMG 5763

▼こちらも合わせて読みたい▼
→ デカ盛り冒険の書